トップ > エコ製品 > 小形二次電池の回収・リサイクルにつきまして
小形二次電池の回収・リサイクルにつきまして

2005年02月16日

2001年4月1日に資源有効利用促進法が施行され、二次電池は回収や再資源化が義務化されました。

電池は一次電池と呼ばれる使いきりの乾電池と、二次電池と呼ばれる充電式電池があります。現在では小形二次電池をはじめ自動車用などの鉛蓄電池のリサイクル化が進められていますが、小形充電式電池は回収率の向上が課題となっています。

エレコム株式会社では、JBRC 小形二次電池再資源化推進センターに入会し、同センターが運用する回収システムを利用して積極的に回収・リサイクルに取り組んでいます。


■回収対象となる充電式電池の種類とリサイクルマーク

回収対象となる電池には下図の「リサイクルマーク」が印刷されています。

電池の種類 名称 リサイクルマーク
密閉形アルカリ蓄電池 ニカド電池(Ni-Cd)
ニッケル水素電池(Ni-MH)
リチウム蓄電池 リチウムイオン電池(Li-ion)
密閉形鉛蓄電池 小形シール鉛蓄電池(Pb)※

※JBRC小形二次電池再資源化推進センターで回収できる小形シール鉛蓄電池は、ヘッドホンステレオ、ハンディクリーナー、コードレステレホン、ビデオカメラ用のみに限られています。

※当社無停電源装置「ETAP-300シリーズ」に使用されている鉛蓄電池は、JBRC小形二次電池再資源化推進センターでは回収できません。弊社指定業者にて廃棄させて頂きます。詳しくは製品同梱の取扱説明書、もしくは次のFAQページをご確認ください。

  ≫FAQ:無停電源装置「ETAP-300シリーズ」のバッテリー廃棄方法

■回収方法

リサイクル協力店に小形充電式電池専用の黄色い回収箱「リサイクルBOX」(右の写真)を設置しておりますので、お手数ですがリサイクル協力店までお持込みください。

■回収料金

無償で回収いたします。 ※ただし、リサイクル協力店までの費用はお客様にてご負担ください。

■リサイクル協力店とは・・?

電気店や、スーパー、ホームセンター、自転車店などの小売販売店の中で、消費者から小形充電式電池の収集に協力していただいているお店です。リサイクル協力店の検索は、JBRC小形二次電池再資源化推進センターのホームページ「充電式電池リサイクル協力店検索」をご利用ください。


※更に詳しいことは、「JBRC小形二次電池再資源化推進センターホームページ」をご覧ください。