全国に清掃員を増殖させ続ける
楽器を持たないパンクバンド
『BiSH』
スペシャルインタビュー

爆発的人気急上昇楽器を持たないパンクバンド「BiSH」
の全メンバー、アイナ・ジ・エンド(以下アイナ)、
セントチヒロ・チッチ(以下チッチ)、モモコグミカンパニー(以下モモコ)、
ハシヤスメ・アツコ(以下ハシヤスメ)、
リンリン、アユニ・D(以下アユニ)の6人に
エレコムイヤホンの魅力をお聞きしました!

「聴いたら(違い)すぐにわかりました!」

BiSH「聴いたら(違い)すぐにわかりました!」BiSH「Bluetooth®は純粋に楽しい!」
エレコムというメーカーは
たくさんの商品を出していまして、
パソコンの周辺機器など
約8000点以上のアイテムを
販売しているんですよ。
チッチ:すごーい!8000点もあるんですね。携帯の充電器も出していますよね?
発売してますね。
チッチ:多分、その充電器を使わせてもらっていると思います。
その中で、エレコムでは
イヤホンなどのオーディオ製品も
たくさん出しています。
そこで、エレコム製のイヤホンって
どんな音なのかを
実際に聴いてもらいたいと
思っているんですが、
普段BiSHのメンバーは
どんな環境で音楽を聴かれていますか?
アイナ:イヤホンが多いですね。
モモコ:イヤホンで携帯に入っている音楽を聴いています。
チッチ:お部屋にいるときはBluetooth®のワイヤレススピーカーに繋いで聴きますね。
私は結構、イヤホンにこだわるタイプなんです。ファンの方でイヤホンをたくさんくれる方がいるんです。
その方が、エレコム製の充電器とか携帯のフィルムとかも送ってくださって。
そうなんですね。
ではチッチさんはイヤホンを
たくさんお持ちなんですか?
チッチ:結構持っていますね。でもよくなくしちゃったり、壊れたりするんですよね。
なるほど。
では、早速試聴していただきたいのですが、
音の違いを比較していただくために、
まずはノーマルの
汎用タイプのイヤホンから
聴いてもらいたいと思います。
チッチ:中学生の時にこういうイヤホンを使ってたなー。
アイナ:逆に、私は今までそんなのしか使ってないかもしれない。
ハシヤスメ:私が聴きたかったマイケルジャクソンが入ってる。
こちらの製品はみなさんよく耳にしたことがある音質かなと思います。
アイナ:普段聴いている感じですね。
チッチ:うん。よくある感じ。
では次に、
高音質イヤホンのCN500を
聴いてみてください。

エレコムイヤホンEHP-CNC500

アイナ:あっ、全然違うね!
ハシヤスメ:うん、全然違う。
アイナ:こうやって聴き比べたらわかる。
違いがわからなかったらどうしようと思っていたんですけど、聴いたらすぐわかりました。
エレコムイヤホンEHP-CNC500
ノーマルと比べて
どう違いましたか?
アイナ:厚みがあるというか、ノーマルは平べったい音だったんですけど、
高音質タイプはすごく広がりが生まれました。
あとは、ドラムのハイハットの音がしっかり聴こえますね。
このCN500はコンセプトがありまして、
パリピ向けイヤホンなんです。
モモコ:どのあたりがパリピ向けなんですか?
ファッションに合わせて
スタイリングができるように
デザインされていることと、
蛍光色などのカラーバリエーションが
豊富なところです。
モモコ:すごくかわいいですもんね。音もすごく良くて、自分の世界に入り込めるように感じました。
ノーマルは外の音も聞こえてたんですよね。
チッチ:デザインめっちゃかわいい。
音質としては
低音が重視されているイヤホン
になります。

エレコムイヤホンLBT-HPC50

ハシヤスメ:ノーマルはなんか聴いてて、
スポンジを一枚挟んで聴いているような感じだったんですね。
「どっち選ぶ?」って聞かれたら絶対にこのパリピのイヤホンですね。
こっちを選んで完全に自分の世界に入り込みたいですね。
チッチ:パリピ向けってことで、Hi-Standardを聴いていたんですけど、
ドラムがすごく前に立体的に聴こえて、一音一音がしっかり聴こえるので
フェスに行く前とかに気持ちをしっかり持っていけそうです。
リンリン:CN500は晴れている感じ。
アユニ:すごい低音がしっかり聴こえましたね。
デザインはいかがでしょうか?
チッチ:女の子にもすごくウケそうなイヤホンですよね。
女子高生とかがつけていたらかわいいと思います。

「これとは比べものにならない!」

BiSH「これとは比べものにならない!」BiSH「これはすごく丁度いい感じです」
では次に
Bluetooth®イヤホンを
聴いてもらいたいんですが、
普段Bluetooth®イヤホンを
お使いの方はいますか?
アユニ:はーい。
チッチ:私も普段はBluetooth®です。

BiSH

では初めてのBluetooth®イヤホン体験
になりますね。
ちなみに、
このイヤホンは通話もできます。
ハシヤスメ:えっ!通話できるんですか?
そうなんです。
リモコンがマイクにもなっています。
ハシヤスメ:あ、たまにいるかもしれない!
何も持っていないのに街中で話ししている人。
髪の毛が長い人だと、
つけているのが全く見えないので
少し不審にみえちゃうかもですね(笑)。
チッチ:とりあえず、耳元を触って電話している感を出しますよね(笑)。
あと、HPC40は耳の形にフィットする
イヤーキャップが付いています。

エレコムイヤホンLBT-HPC50

ハシヤスメ:ほんとだ。すごくしっかりはまりました。
アイナ:すごくフィットしますね。
エレコムイヤホンLBT-HPC50
さて、音質はいかがでしょうか?
ハシヤスメ:これはやばい!すっごい自分の世界に入り込めるし、
両手が使えるのでめっちゃ便利ですよね。振り付けの練習の時に使えますよね。
モモコ:確かに、ダンスの練習にはピッタリかも。
繋がってないのに、すごく綺麗に聴こえるんでびっくりしました。
アユニ:音量も大きく聴こえました。
アイナ:すごいですね。Bluetooth®って音が悪いイメージだったんですけど、
粒が際立ってて、これめっちゃいいですね。本当に音がいい!
でも、アイナさんはBluetooth®イヤホンを
お使いなんですよね?
アイナ:そうなんですけど、これとは全然違います。
ただBluetooth®に憧れて安いイヤホンを買っちゃったので音が良くないんですよ!これとは比べものにならないです。
チッチ:私はロックとかパンクとかよく聴くんですけど、
重低音がしっかりしているんでそのあたりの音楽をこれで聴いたら気持ち良さそうです。
私も普段Bluetooth®イヤホンを使っているんですけど、こっちの方が重厚感があってデザインもいいです。
ありがとうございます!
ところでみなさんどんな音楽を
聴くんですか?
アユニ:私はピコピコ系です(笑)。
中田ヤスタカさんとかですか?
アユニ:あ、好きですね。音自体にこだわった系が好きですね。あとはゲーム音楽とかをよく聴きます。
モモコ:私はEDMとか結構パリピな音楽を聴きます。
ハシヤスメ:ランニングする時とか、テンションあげて走りたいんで私もEDMとかをよく聴きますね。
リンリンさんはBluetooth®イヤホンはいかがでしたか?
リンリン:よかったです。

「“いつもハイレゾで聴いているんだ。”
って言いふらしたくなっちゃいます。」

BiSH「“いつもハイレゾで聴いているんだ。”って言いふらしたくなっちゃいます。」BiSH「全員の奏でる全フレーズが、めちゃくちゃ聴こえる。」
次は、ハイレゾ音源を聴いていただきますね。
ハイレゾというのは、
データ容量がすごく詰まっている音源で、
従来の再生機器ではなく
専用再生機と対応のイヤホンが
必要になります。
チッチ:そうなんですね。ハイレゾってどんな方が聴かれるんですか?
音楽マニアの方だけではなく、
最近は携帯でもハイレゾが
再生できる機種も増えているので、
ダウンロードするときに
ちょっとでもいい音で聴きたいと
選ばれる方も増えていますね。

エレコムイヤホンEHP-CH2010

チッチ:じゃあ、かなり身近になってきているんですね。
エレコムイヤホンEHP-CH2010
エレコムでは
ハイレゾに対応するイヤホンを
多数発売していますので、
ぜひハイレゾの世界を
楽しんでみてください。
BiSHもハイレゾ音源を配信されているので、
今回は[プロミスザスター]
[GiANT KiLLERS][KiLLER BiSH]
の音源を用意しました。
チッチ:BiSHって、ストリングスやピアノを結構使っているんですけど、
その音がすっごい綺麗に聴こえました。オチサビのピアノの音とかが好きなんでけど、
すっごい綺麗に聴こえて嬉しかった。
アイナ:レコーディングした音源をスタジオで聴いているのとほとんど同じ感じでした。
[プロミスザスター]の間奏で私がシャウトしているんですけど、
最後に口を閉じる瞬間に「ウァッ」っていう息を吸う音が入っているんです。ミックスでは聴こえてたんですけど、
今までの音源では聴こえてなくて。それがハイレゾだとびっくりするくらい鮮明に聴こえてきて。
そこはこだわっていた部分
だったんですね。
アイナ:そうです。すごくこだわっていたところだったんで、いつも聴こえなくて残念だったんですけど、
ハイレゾでは鮮明に聴こえてきてびっくりしちゃいました。こんなにはっきり聴こえるんだと。

BiSH

モモコさんはいかがでしたか?
モモコ:楽器の音が鮮明に聴こえてびっくりしました。
これってケーブルだけ取り外しできるんですか?
そうですね。
断線した時に取り替えることも
できるんですけど、
こだわられる方なら
自分のお気に入りのケーブルに
取り替えて使ったりされますね。
アイナ:えー!すごいですね!そんなこだわりの方もいるんですね。
その人の耳になってみたいですね、どんな音だと満足するのか(笑)。
満足しないと思いますよ(笑)。
そういう方は音を探求し続けるので。
アイナ:でもそういうこだわりいいですよね。
私も「いつもハイレゾで聴いているんだ。」って言いふらしたくなっちゃいます。

「もう、すぐそこで
演奏してもらってるみたい。」

BiSH「もう、すぐそこで演奏してもらってるみたい。」BiSH「そうです!ライバルには負けません(笑)。」
今日はたくさんハイレゾイヤホンを
用意しているんですが、
SH1000というエレコムでの
最高級モデルも一度聴いてみられますか?

エレコムイヤホンEHP-SH1000SV

ハシヤスメ:聴いてみたーい!
アイナ:じゃ!私から聴いてみます。
エレコムイヤホンEHP-SH1000SV
いかがですか?
アイナ:これ。やばい!すごい!息遣いというか、気管の音まで聴こえてますよね。
チッチ:声がすごく鮮明に聴こえる!ボーカルがすごく前に来ますね。
知らない間に大音量で音楽に浸ってた(笑)。
士郎正宗さんデザインの
アニソン用イヤホンになっています。
セッティングとしては
お話しされたように
ボーカル重視になっています。
ハシヤスメ:やばーい!本当に全然ちがいますね!度肝抜かれました。テレビ見てるみたい!

BiSH

「テレビ見てるみたい!」は、
よくわかりませんけど(笑)。
ハシヤスメ:なんだろう、全部が聴こえるというのかな。
アイナ:音が見える!みたいな?
ハシヤスメ:そうそう!音が見えるんです!そう言いたかったんです(笑)。
ぜんっぜん違うんです!
モモコ:すごい立体感が違うよね!
みなさんはアニソンも
結構聴かれるんですか?
アイナ:めっちゃ聴きますね。
モモコ:アニソンは共通してみんな大好きだと思います。
プレイヤーも
いろいろ進化しているんですけど、
最近はポタアンと呼ばれる
ポータブルアンプを持ち歩いている方も
増えています。
モモコ:ポタアンってなんなんですか?
プレイヤーとは別に
音を増幅させるためのアンプになります。
再生機や携帯と接続させて再生させます。
ハシヤスメ:浄水器みたいな感じですか?
おもしろい表現ですね(笑)。でも近いかもしれません。プレイヤーだけでは足りない馬力を増幅させてくれたり、
音の周波数を適正化させてくれたりするんですね。
アイナ:これめっちゃ重いじゃないですか!こだわっている方はこれを持ち歩くんですね。
モモコ:全く知らなかったです。オーディオの世界って奥深いんですね。

「今までの感覚を覆された!」

BiSH「今までの感覚を覆された!」BiSH「こういう結果を出せたことに、全員が衝撃的。」
今日はノーマルから、
高音質、Bluetooth®、
そしてハイレゾまで色々なイヤホンを
聴いていただきました。
それぞれどういった感想を
お持ちになられましたか?

BiSH

チッチ:Bluetooth®イヤホンは、
私の中のBluetooth®イヤホンの常識とは全然違ってて、楽しめるイヤホンでした。
見た目もかわいいし、低音域もすごく発揮されててすごくいいなと思いました。
アイナ:イヤホンってこんなに種類があるんだって知って、ただただびっくりでした。
チッチ:本当にね。ハイレゾは聴く音の好みや、
ジャンルなどで聴こえかたみたいなのが変わるので、
自分にフィットするイヤホンを見つけるのも楽しそうですよね。
アイナ:イヤホンひとつで、同じ曲でもこんなに変わるんだって知らなかったです。
ハシヤスメ:これまでイヤホンにあまりこだわったことがなかったんですよ。
でもそれってもったいないなって思いました。
「この音楽はこういうの」って思っていたのが覆された感覚でしたね。
モモコさん、アユニさんは
いかがでしょうか?
モモコ:私は作業する時にイヤホンで音楽を聴くことが多いんですよ。
でも、しっかり音楽と向き合うときはこういうイヤホンで、自分に合ったものを選んで聴くのが大切なんだとわかりました。
音楽が好きな人にはいいと思うし、自分もいいイヤホンを買いたいなと思いました。
アユニ:寝る前とかにエレコムさんのいいイヤホンでしっかり音楽の世界に入り込んで眠りたいなと思いました。

「清掃員の方たちと
たくさん触れ合えたこのツアーは
私たちにとって
大切なツアーでした。」

BiSH「清掃員の方たちとたくさん触れ合えたこのツアーは私たちにとって大切なツアーでした。」BiSH「こういう結果を出せたことに、全員が衝撃的。」
BiSHは
今年1月から始まった[NEVERMiND TOUR]、
そして[NEVERMiND TOUR RELOADED]となり
7/22の幕張でファイナルを迎えました。
長いツアーを振り返ってみて
いかがでしたか?
チッチ:今まで行ったことのなかった場所も多くて、
私たちを初めて見る方も多いツアーだったので、すごく温かい空気の中に新鮮味のある雰囲気のツアーでした。
小さいライブハウスで、清掃員の方たちとたくさん触れ合えたこのツアーは私たちにとって大切なツアーでしたね。
幕張メッセは
ソールドアウトですね。
チッチ:時間はかかりましたが売り切れになりました。最初は売り切れると思っていなくて、
何千人友達呼ばなくちゃいけないのかなと不安だったんですけど。
何千人もお友達いるんですか(笑)。
チッチ:いないんですけどね(笑)。でもそれくらいの気持ちでしたね。
その他、
この夏はイベント目白押しですね。
チッチ:学園祭や [MONSTER bash] 、[フジソニック2017]など、今年の夏はフェスなんかにも色々出演する予定です。
たくさんの方が
BiSHに触れる機会も多そうですね。
ご活躍期待しています!
一同:ありがとうございました!