あらゆる世代を多彩な
音楽表現で魅了する
『Cornelius(コーネリアス)』
スペシャルインタビュー。

エレコム30周年を記念して発売する、
士郎正宗デザインの第二弾製品
「ハイレゾイヤホンEHP-SH1000SV(以下SH1000)」
について語っていただきました。

「(ノーマルより)全体的に
薄皮が3枚くらい剥がれた感じ。」

CORNELIUS 小山田圭吾「(ノーマルより)全体的に薄皮が3枚くらい剥がれた感じ。」CORNELIUS 小山田圭吾「(ノーマルより)全体的に薄皮が3枚くらい剥がれた感じ。」
レコムの製品をこれまで
使用されたことはありますか?

エレコムイヤホンEHP-SH1000SV

あまり気にして使ったということはなかったです。
は、以前にエレコムでは
士郎正宗デザインのマウスを
発売したことがあり、
今回は第二弾として
イヤホンを発売します。
へー、そうなんですね。そういえば、そのマウスを友達が使っているの見たことがありますね。

エレコムイヤホンEHP-SH1000SV

れで、今回はそのイヤホンを
試聴していただき、
いろいろと感想を
お聞きできればと思っています。
はい。わかりました。で、どうしたらいいのかな?
きなり聴いてもらっても
判断しにくいかと思いますので、
まずは既製品のノーマルイヤホンから
聴いてみましょう。
うん。これはこれで普通ですね。とても聴きやすくて特に問題ないです。
は、次にハイレゾ対応の
SH1000をお聴きください。
ふーん、なるほど。確かに全然違いますね。全体的に薄皮が3枚くらい剥がれた感じと言うか、とてもクリアに聴こえます。
ーマルと比べていかがでしょうか?
全然違います。低域も高域もしっかり出てるし。
回のSH1000ですが、
音質だけでなく、デザインもこだわりの
一つなんですが、いかがでしょう?
士郎さんっぽいデザインですね。「攻殻機動隊」を連想させるような。ファンの人たちにとっては嬉しいんじゃないですかね。
なんとなくロジコマっぽいというか、イヤーキャップの色とかそんな感じにマッチしてますよね。
イズ感や付け
心地はいかがでしたか?
ちょっと重量感はありますけど、付けてみるとあまり気にならない。付け心地もいいです。
ところで、ハイレゾ対応とノーマルってどこがどう違うんですか?
単に説明するとドライバーの違いです。
マスタリング音源に近い24bit/96khzの
ハイレゾ音源に対応するドライバーが
採用されていることですね。
24bit/96khzに対応してるんだ。
うですね。そしてこのSH1000は、
低・中域用には12.5mmドライバー、
高・超高域用には11.6mmと音域に
合わせてサイズの違う二つの
ドライバーを採用しています。
それは各音域がクリアに聴こえるはずですね。

「今、できる状況の中の
「最高の状態」で録音したい。」

CORNELIUS 小山田圭吾

CORNELIUS 小山田圭吾

2006年に発表された
アルバム「sensuous」より
ハイレゾクラスのレコーディングを
行っていますよね。
そうですね。配信したのは発売してから結構後ですけどね。
後はハイレゾ音源でのリリースを
標準化されていくんですか?
うん。「sensuous」以降、基本的に24bit/96khzで録ってますしね。
「攻殻機動隊」も全てハイレゾ音源で出しました。
イレゾ対応機が増え、
リスナーがハイレゾで
聴ける環境が整いつつある中、
作品や楽曲作りにも
影響はあるのでしょうか?
うーん…ハイレゾの普及はまだハードルが高いような気がする部分もありますけどね。
「sensuous」をレコーディングしたのが10年くらい前になるんですけど、
その頃はハイレゾ配信もほとんど始まってなかったし、対応しているプレーヤーもほとんどなかったんで、
24bit/96khzで録ったものをダウンコンバート(圧縮)してCD音源にして発表しました。
表するメディアがない状態でも、
高音質で録音されたのはなぜでしょうか?
録音に関しては、その時できる状況で最高の状態を残しておきたいんですね。
そういう意味では、あの頃は無理だったけど、今は録音時になるべく近い状態で聴いてもらえるのは良いことですよね。ちょっと、自分の曲も聴いてみたいな。
ちろんです。
「攻殻機動隊ARISE O.S.T」を
お聴きください。
なるほど。
か違った発見はありましたか?
いやー、すごい久しぶりに聴いたんですけど、変な曲だなと思って聴き込んじゃった(笑)。
な曲ではないですよ(笑)。
パンニング(音像を左右に振る手法)とかを結構使っているんですけど、反応も良くてすごいいい感じですね。
いつもミックスした後にオープンエアのヘッドホンで聴くことはあるんですけど、こういうインナータイプで聴いたことがなかったんですけど、
なんだろう、頭の中を移動しているような感じとかが上手く再現できているなと感じました。
ンナーはやっぱり
包み込まれるような感じに
なりますよね。
なんか、スピーカーやオープンエアのヘッドホンだと、あんまり気にならないけど、
インナーでパンニングを多用するとこんなに気持ち悪いんだと思っちゃって、これから気をつけようと思います(笑)。
れは新しい発見かもしれませんね(笑)。

「音楽を贅沢に
聴けるイヤホン。」

CORNELIUS 小山田圭吾「音楽を贅沢に聴けるイヤホン。」CORNELIUS 小山田圭吾「音楽を贅沢に聴けるイヤホン。」
は、別のハイレゾイヤホンも
聴かれてみますか?
うん。ぜひ聴き比べてみたいです。
れはCH1000というモデルで、
ノーマルとハイレゾのどちらにも
対応するモデルです。
ふーん。やっぱ違いますね、全然。これを聴くとSH1000は低域が強調されているのがよくわかりますね。
SH1000の方は重厚感があるというか、質感が重量を持って聴こえてくる感じがします。
ちらがお好みでしたか?
SH1000ですね。
段はどのような環境で
音楽を聴いていますか?
車の中で聴くのが多いですね。家ではパソコンからスピーカーに繋いで聴いてますし、あとはスタジオで聴くことも多いです。
は、イヤホンでお聴きに
なることは少ないんですね。

エレコムイヤホンEHP-SH1000SV

うん。でも以前、事務所が中目黒にあった時は、よくイヤホンで聴きながらバスに乗ってましたよ。
ス通勤されていたんですか?
そうそう。バス通勤でした。今は自転車になっちゃんたんで、通勤中は聴けなくなりました。
の時に使用したイヤホンは?
iPhoneに付いている純正のものです。
ヤホンにあまり
こだわりはないですか?
ないですね、そんなに。そういう時に聴く音楽って、自分がその時に作っている曲だったりするんで。
純粋に音楽を楽しむというよりかは、割とチェック的な意味合いが大きくて。
あんまりいい音にしすぎちゃうとフラットな感じで聴けないんで、
みんなが聴いている環境に近い感じで一度聴いてみようというのが目的なんです。
さしく、バスに乗っている
人たちと同じような感じで
聴くってことですね。
そうですね。

エレコムイヤホンEHP-SH1000SV

えばメーカーに
こうしてほしいなど、
リクエストしたい事って
ありますか?
音源管理の部分で、ソフトがバラバラなので一元的に管理できたらいいなと思いますね。あんまりハード的な話じゃなくてすいません(笑)
丈夫ですよ!では、
イヤホンについての思い出などは
ありますか?
初めて買ったのはSONYのWALKMAN2でしたね。その当時は本当によく聴いていましたね。
でも普段、
ポータブルプレイヤーをお使いに
なっていますか?
車の中でiPodを使っています。自分のプレイリストを作ってて、それをランダムに流している感じです。
ほども話されていましたが、
リラックスして音楽を聴くときは
車の中が多いんですね。
そうですね。走りながら聴くことが多いです。だから、ハイレゾも車で聴けるようになるといいんだけどね。あ、それが要望かもしれない(笑)。
はSH1000は一言で表すと、
どんなイヤホンでしょうか?
重低音が伸びやかなのでロックなどの音楽にはいいかもですね。細かい部分までクリアで反応もいいので、音楽を贅沢に聴けるイヤホンって感じかな。

「来年はできたらライブを
やりたいなと思ってる。」

CORNELIUS 小山田圭吾「来年はできたらライブをやりたいなと思ってる。」CORNELIUS 小山田圭吾「来年はできたらライブをやりたいなと思ってる。」
11/9にMETAFIVEの
ミニアルバム「METAHALF」が
発売されます。
そうですね。5曲入りですね。METAFIVEのメンバーは、高橋幸宏さんに呼ばれて集められた人たちなんです。
うそうたるメンバーですよね。
というか、かなり濃い人たちというか(笑)。みんな昔バンドをやってて「なんか、バンド大変だね」って辞めちゃった人たちばかりなんですけど。
だから、最初はパーマネントなグループになる予定はなかったんですけど、みんな中年になって久しぶりにやると「意外と楽しい」みたいな感じになってきて(笑)。で、今年の頭にアルバムを出して、その後は特に続けていく予定もなかったんですけど。
やってみたら意外に楽しいという、勢い的な感じからもう一枚できちゃったミニアルバムです。
年はライブも多かったですよね。
そうですね。結構回りました。夏もフェスに結構出ましたしね。
嘩とかにはならないですか?
全然ならないですよ。「そういうの嫌だよね〜」ってバンドやめた人たちばかりだし(笑)。
の力の抜け加減や距離感が
あって、ちょうどいい感じで
音楽を楽しんでるんですね。
そうだと思います。
ナログ盤の「FANTASMA」
発売に合わせてのアメリカツアーを
終えられたばかりですが、
現地の盛り上がりはいかがでしたか?
「Cornelius」は、日本でライブしても全然盛り上がらないんですけど、向こうは反応がダイレクトなんですよね。
比較的、ライブの値段も日本に比べると安いし、情報として僕たちをあまり知らない人たちもふらっとやってきて良かったら楽しんでくれるし、
最後にCDを買って帰るみたいな人も多いです。
回のアメリカツアーの
経緯は何かあったんでしょうか?
「FANTASMA」がアメリカで発売されたのもあるんですけど、BON IVERっていうアーティストが、ウィスコンシン州で主催するフェスがあって、
そこにバンドで出てくれないっていう話があったので。
THE CORNELIUS GROUP」
としては実に7年ぶりのライブでしたね。
そうですね。今、自分の新作を作っているんですけど、なんとなくそれも完成が見えてきていて、それに合わせてきっとライブもすると思うんで。ライブは長い間やってなかったし、バンドのメンバーも少し変わったんでリハビリを兼ねての意味も大きいですね、今回のライブは。
いうことは、
来年はライブを見ることが
できるといういうことですね?
うん、来年はできたらやりたいなと思っています。
RELEASE INFORELEASE INFO
METAFIVEミニアルバム「METAHALF」
オリジナル・アルバム「META」に続く、
5曲入りミニ・アルバム
「METAHALF」発売決定!!

▼ アルバム情報
METAFIVEミニアルバム「METAHALF」
2016年11月9日発売
WPCL-12456 1,944円(税込)

RELEASE INFO
  • 最新情報はコチラ
  • Facebook
METAFIVE LIVE Blu-ray & CD「METALIVE」
2016年1月21日にEXシアター六本木で
行われたライヴを、全曲完全映像化!
Blu-rayとCDからなる2枚組作品
「METALIVE」

▼ アルバム情報
METAFIVE LIVE Blu-ray & CD「METALIVE」
2016年8月17日発売
WPZL-90104/5 7,020円(税込)