エレコム インダストリアルPC エンベデッドソリューション

SECURITY  –セキュリティ・防犯の困りごと –

監視カメラの映像が不鮮明であったり、
通信傍受の危険性があったり...

高度情報化が進み、ITやIoTの進化が著しい現代において、
物理的なセキュリティ、防犯システムの強化は、駐車場などの施設の付加価値向上のためにも、
安心・安全 な生活において必要不可欠であるといえます。
また、企業においてもリバースエンジニアリングによる妨害・ 加害行為や通信の傍受
による機密情報の流出などへの対応も必要であるといえます。

現場で起こっている問題

  • 監視カメラの映像が不鮮明で防犯上の利用価値が低い。
  • 夜間、逆光、悪天候時に監視カメラの映像が見づらく防犯上の問題がある。
  • 駐車場の防犯と空車の検知を同時にできないか?
  • 監視カメラの映像をマーケティングに利用できないか?
  • 定点カメラの場合、時間経過にて逆光や夜間状態で画像認識できなくなる。
  • 汎用プロセッサはリバースエンジニアリングによりどのような処理を行っているかが特定できてしまい悪意ある外部者、偶発的な要素による妨害、加害行為によるセキュリティリスクが内在している。
  • 規格に準拠している通信フォーマットで送受信されているパケット情報は外部から傍受され、量子コンピュータ等で解読が行われてしまう危険性がある。
  • 古いアナログカメラを高解像度のカメラに置き換えたいが、 カメラまでの配線をやり直すと費用がかかる。

解決するべき課題

  • 鮮明化ユニットで見えない画像を映し出します。
  • 夜間、逆光、悪天候時も鮮明な映像で監視でき、防犯効果がアップ!
  • 駐車場の防犯システムで空車検知でき、空車表示をすることで利便性がアップ。
    空車検知は認証システムの動体検知機能と地下駐車場等の暗視状態や露天での
    逆光状態の映像認識で鮮明化プロセッサが活用可能。
  • 監視カメラの映像を解析し、年齢・性別・色・動体・機嫌を
    検知してマーケティングデータとして利用できます!
  • 専用命令を実装したプロセッサを開発することでリバースエンジニアリングを行っても理解できない処理にする。
  • 独自プロトコルによる通信方式を適用することで傍受されても解読が行いにくくする。
  • 古いアナログカメラの配線(同軸ケーブル)をそのまま使って高解像度カメラに置き換えることができます。

エレコムグループの
BtoBソリューションなら...

ソリューション例01 Solution01

ソリューション例02 Solution02

関連事例