新製品情報
  • 新製品情報
EL36-074

2020.07.28

スマホとの2台同時充電におすすめ。
低電流デバイスを最適な電流で充電できる
Type-Cケーブル付きのモバイルバッテリーを新発売。

エレコム株式会社(本社:大阪市中央区、取締役社長:葉田順治)は、USB Type-Cケーブルが1本付属した、2ポート仕様でスマートフォンとBluetooth®イヤホンなどを2台同時に充電できるモバイルバッテリー"DE-C23L-6700シリーズ"を8月上旬より新発売いたします。

スマートフォンを2台同時に充電したり、スマートフォンとBluetooth®イヤホンというように、スマートフォン プラスもう1台のデバイスを同時に充電できる電池容量6700mAh、2ポート合計最大出力2.6Aのモバイルバッテリーです。本製品を1回フル充電することで、一般的なスマートフォン1台を約2.2回充電できる大容量モデルです。Bluetooth®イヤホンのように充電電流の小さいデバイスを最適な電流で充電できる「低電流モード」を搭載するほか、「おまかせ充電」や「まとめて充電」といった、 便利な充電機能も搭載しています。
また、USB Type-Cケーブルを1本付属しています。別途、対応する充電ケーブルをご用意いただくことで、iPhoneやAirPodsの充電も可能です。



2ポート仕様でスマートフォン2台同時充電も可能

  • USB Type-Cケーブルが付属し、Type-C搭載のスマートフォン、タブレットをすぐに充電可能
  • 出力側にUSB-Aポート×2を搭載し、スマートフォンとBluetooth®イヤホンなど2台同時に充電可能 ※1
  • 2ポート合計2.6Aの出力が可能な高出力モデル(各1ポート2.4A)
  • 本製品でスマートフォンを約2.2回充電可能※2
  • 充電時間を約4時間と大幅に短縮できる急速充電モデル ※3
  • 1:付属する充電ケーブルは1本(USB A to Type-C:10cm)です。

    2:満充電で、バッテリー容量が約1800mAhのスマートフォンを充電する際の目安回数です。ご使用の環境で変化します。

    3:出力2.4A以上のACアダプタ使用時。

※使用イメージ

Bluetooth®イヤホンなどの充電に便利な低電流モードを搭載

  • Bluetooth®ヘッドセット・イヤホンなどの充電電流の小さい小型電子機器を最適な電流で充電できる「低電流モード」を搭載
  • USBポートに搭載した高性能ICが接続機器を自動で見分けて最適な出力で最速に充電できる「おまかせ充電」に対応
  • 本製品とスマートフォンをまとめて充電できる「まとめて充電」に対応
  • iPhoneなどに付属もしくは対応したLightningケーブルを利用することでiPhoneやAirPodsも充電可能
  • 電池残量は4段階のLEDランプ点灯で確認可能
※使用イメージ
(AC充電器は付属いたしません)

安全にも配慮した設計

  • 過充電・過放電・過電圧・過電流防止機能および短絡保護機能を備えた安心の回路設計
  • 充電回数約500回(繰り返し使用可能)/輸送試験UN38.3合格品(機内持ち込みOK※)/ JIS C8711およびJIS C8714準拠/PSE適合品
  • 電池定格容量:6700mAh/定格出力電流:合計2.6A(各1ポート2.4A)
  • サイズ:幅52×奥行25×高さ104mm/重量:約165g
  • 付属品:USB-A[オス] - Type-C[オス]ケーブル(10cm)×1本
  • 航空会社の規定によって持ち込めない場合があります。

付属のUSBケーブル、ホワイトとホワイトフェイスには、ホワイトのケーブルが付属。
◀テーブルはスクロールできます
特長 カラー/型番 価格
〈ブラック〉
DE-C23L-6700BK
¥3,280(店頭実勢価格)
¥3,608(税込)
〈ブルー〉
DE-C23L-6700BU
¥3,280(店頭実勢価格)
¥3,608(税込)
〈レッド〉
DE-C23L-6700RD
¥3,280(店頭実勢価格)
¥3,608(税込)
〈ホワイト〉
DE-C23L-6700WH
¥3,280(店頭実勢価格)
¥3,608(税込)
〈しろちゃん:ホワイトフェイス〉
DE-C23L-6700WF
¥3,280(店頭実勢価格)
¥3,608(税込)


  • このリリースに掲載されている会社名・製品名等は、一般に各社の商標又は登録商標です。
  • このリリースに記載の内容は、発表当時の情報です。 予告なく変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。
  • プレス用にエレコム製品の画像をご希望の方は、画像データベースシステムをご利用ください。
この記事をSNSで共有しませんか?