Vol.03 家庭用EMSでボディメイクする!おすすめの使い方やメリット

エレコム製品購入ガイドヘルスケア製品の
基礎知識

家庭用EMSでボディメイクする!おすすめの使い方やメリット

EMSイメージ

「たるんだ二の腕やおなかを引き締めたいけど、ジムに行く暇はない」「エステに通うほどのコストはかけられない」という人に人気なのが、家庭で気軽に筋肉を鍛えることができる「家庭用EMS」です。
今回は、家庭用EMSのおすすめの使い方と、そのメリットをご紹介します。

家庭用EMSを使うメリットとは?

自宅で筋トレしているイメージ

EMSは、「Electrical Muscle Stimulation」の略で、筋肉に電気による刺激を与え、収縮させることによって鍛えることができる機器です。EMSには、エステや医療機関などで導入している業務用と一般家庭用の製品があり、前者は強い電流を出力したり、周波数を調整できたりするのに対し、後者は出力できる周波数が中周波程度で、刺激の強さも抑えられているという違いがあります。
より効率的に筋肉を鍛えられるのは業務用EMSですが、家庭用EMSにもさまざまなメリットがあります。

「ながら」で鍛えられる

家庭用EMSの最大のメリットは、その手軽さにあります。パッド型、ベルト型、グローブ型と形状はさまざまですが、いずれも貼ったり巻いたりしてスイッチを入れるだけで電気信号が流れるので、家事や雑用をしながらでも筋肉に刺激を与えることができます。読書をしたり、テレビを見たりしながら、気になる部分をトレーニングするといった使い方が可能です。

好きな時間に鍛えられる

ジムやエステに通って身体を引き締める場合、移動や着替え、施術のための時間を確保しなくてはなりません。仕事が忙しくて予定どおりの時間に終わらなかったり、ジムへ行く予定だった休日に友達からの誘いがあって休んでしまったりすると、次第に時間を調整するのが面倒になってしまうものです。その点、家庭用EMSなら、自分の都合に合わせて「好きなときに、好きな時間だけ」使用することができます。

コストパフォーマンスが良い

ジムの月会費に比べると高いように感じる家庭用EMSですが、取り換える必要があるのは消耗品であるゲルパッドだけです。初期投資や月会費が必要なジムやエステより、ランニングコストを抑えられる点も魅力です。

自分に合った強さを決められる

ジムやエステでは、「月会費やコース料金がもったいないから」という意識が働き、無理してがんばりすぎてしまいますよね。その点、家庭用EMSなら、自分に合った出力で、トレーニングする時間を自由に調整することができます。

家庭用EMSが向いているのはどんな人?

女性イメージ

家庭用EMSは、どのようなタイプの人に向いているのでしょうか。

体を引き締めたいけど、運動が苦手だという人

「たるみ始めた体が気になるけど、運動が苦手」という人にとっては、トレーニングジムに通うことはもちろん、家庭で行う筋トレすらもハードルが高く感じるものです。始めてはみたものの、途中で挫折してしまったという人も多いでしょう。
家庭用EMSなら、鍛えたい部分やラインが気になる部分に貼りつけてスイッチを入れるだけで、筋肉に刺激を与えてトレーニング効果を得ることができます。日頃の運動習慣がない人ほどEMSの効果を得やすいです。

部分的に引き締めたい、部分的にやせたいという人

一般的なトレーニングでは「二の腕のたるみを引き締めたい」と考えていても、ほかのあまり鍛えたくない筋肉(上腕二頭筋)まで同時に鍛えられてしまいます。一方、家庭用EMSは、全身の中で鍛えたい筋肉をピンポイントでトレーニングすることができます。おなかや二の腕、脚、ウエストなど、適度な運動を継続的に行うことで効果を実感しやすい部分には、特におすすめです。

気になる部位を、どこでもいつでも鍛えられる「エクリア リーン」

エクリア リーンイメージ

運動が苦手な人や忙しい人でも、自宅で好きな時間に、つらい運動をせずに各部位の筋肉を鍛えられるのが魅力の家庭用EMS。こりをほぐすのにも効果的なコードレス低周波治療器「エクリア リフリー」を皮切りに、家庭用電気マッサージ器、腹部全体の内臓脂肪を算出する体組成計と、技術力を活かしてヘルスケア製品のラインナップを充実させてきたエレコムが満を持してリリースした「エクリア リーン」は、体を引き締めて燃焼しやすい体へと変える遅筋を鍛えるのに適した家庭用EMSです。

USB充電式でコードレスなので持ち運びがしやすく、いつでもどこでも筋肉に最適な運動効果を与えられるのが最大のメリットでしょう。さらに、「エクリア リーン アップ」にはBluetoothも搭載しているので、専用アプリをダウンロードし、ユーザー情報を入力するだけで自分の体に合った最適な部位別モードを自動設定、トレーニングの強さもアプリから簡単に操作できます。

ちなみに、「エクリア リーン」の部位別モードは全4種類。皮下脂肪の厚みによって周波数を変化させながら最適な運動効果を与えることができますので、特定のポイントの集中的な引き締めにもおすすめです。