QNAPのお問い合わせ・商談はこちらお問い合わせ・商談

他社のNASとはここが違う!QNAP NASはエレコムにおまかせ!

エレコムでは、
QNAP(キューナップ)正規代理店の
フォースメディアのグループ会社化に伴い、
QNAP製品の取り扱いを開始しました。

QNAPは世界的に高いシェアをもつストレージメーカーで、
ワールドワイドでこれまで700万人を超えるユーザー様に
ご利用頂いております。

膨大なデータを安価に保存できるNASの需要は大きくなっています。

QNAP製品

QNAP(キューナップ)
シリーズの
よくある質問

  • ITスキルが高くないので運用管理できるか心配です。
    スマホ/タブレットライクの分かりやすいGUIで、個人ユーザーにも企業のIT管理者にも高く評価されています。
    TVS-872XT Intel core i5搭載 8ベイ
  • 将来必要となる容量の見積もりが難しいのですが。
    拡張エンクロージャー、ベイ数の多いモデルへの移行など、さまざまな方法で容量を拡張できます。
    TS-231P3 Annapuma 4コア搭載 2ベイ
  • ランサムウェア対策には世代バックアップが
    有効だと聞いたのですが。
    スナップショットによる複数世代のデータ保護にも対応します。
    TS-453DU-RP Intel Celeron搭載 4ベイ
  • クラウドストレージとの連携は難しいですか。
    AWS, Azure, Google, OneDrive, Box, Dropboxなど、主要なクラウドストレージへのバックアップや双方向同期を数分で設定できます。
    TS-453D Intel Celeron搭載 4ベイ
  • ファイルサーバー以外にも活用できますか。
    Windowsのバックアップ用、仮想化用ストレージなど多くの利用実績があります。また、QNAP提供アプリによるカスタマイズも可能です。
    TS-431X3 AnnapurnaLabs Alpine

QNAP(キューナップ)
とは?

QNAPの読み方は “キューナップ”と読み、
NAS (Network Attached Storage)を製造している
台湾のメーカーです。

設計・開発製造・品質管理をすべて自社で行うことができるワンストップによる供給体制が強みで、台湾国内、その周辺のアジア諸国、そしてヨーロッパや北米では知名度が高い会社で、ユーザー数はワールドワイドで700万人を超えています。

日本でも製品の独自性、性能、安定性等の理由からお求めいただいている企業様が増えています。

拡張性、信頼性を備えたQNAPネットワークストレージ

NASとは?

NAS(Network Attached Storage)とは、
ネットワークにつなぐことでクライアントPCのデータを保存できる周辺機器。

単にネットワーク接続できるハードディスクではなく、「ファイルサーバー」の代わりに使える高機能な周辺機器です。

NAS本体には、CPUが搭載され、NASのOSがインストールされております。
同時アクセス数の処理速度が向上したり、データを効率よく保存するための、様々な機能を利用することができます。

NAS

NASは外付け
ハードディスク・
クラウドとは
何が違いますか?

外付けハードディスクとの違い

外付けハードディスクは
1台のパソコン接続のみ、
NASなら複数PCで利用可能。

外付けHDDとNASはあまり変わらないのではないかと思うかもしれません。

外付けHDDはUSBケーブルなどで接続した1台のパソコンでしか使うことができず、複数台のパソコンでデータを共有するといった使い方は通常できないため、毎回接続を切り替える必要があります。

外付けハードディスクとの違い

クラウドストレージとの違い

クラウドストレージで必要な
月額費用は、NASなら不要。
NASとクラウドとの連携も可能。

NASと同じようにネットワーク経由でデータをやりとりする方法として、Box・Dropbox・Microsoft Azureなどのクラウドストレージがあります。

クラウドストレージは複数のデバイスで利用でき、インターネットに接続さえすれば、場所を問わずデータのアップロードやダウンロードをすることが可能なため利用いただく企業様が増えています。

クラウドストレージは、容量に応じて月額利用料金がかかりますのですべてのデータをクラウドとなるとその分ランニングコストがかかります。

クラウドストレージとの違い

NASなら、複数PCで利用でき、
容量に応じた月額利用料金が
かからない!

NASの場合、LANでつながっているデバイスであれば
複数台のPCからデータの共有が可能です。

またQNAPのNASはクラウドに保存したデータの連携が簡単にできるため、
データ量が大きいファイルの保存のみNASという利用方法もおすすめです。

NASの場合、LANでつながっているデバイスであれば複数台のPCからデータの共有が可能です。

NASはどのように
利用されていますか?

社内のデータ共有

データの受け渡しをUSBやメールで行うと、何度も往復したりデータ量が多くなったときに困ります。

データをNAS保存することでネットワーク間でのデータ共有が可能になります。

QNAPのNASは共有フォルダのアクセス権設定も簡単に行えますのでセキュリティも万全ですし、外出先でデータが無くて困ったときも、iPhoneなどのスマホからNASへアクセスできます。

社内のデータ共有

データのバックアップ先

サーバー・クラウドのバックアップ先としてNASを選択される企業様もございます。

QNAPのNASはRAID機能がございますので、単にHDDにバックアップすることとは異なり、より高い冗長性を確保することができます。

また、QNAP独自の統合バックアップアプリケーションのHBS3では、バックアップと同期を柔軟に行う機能も充実しています。

データのバックアップ先

QNAPのNASが
おすすめな理由とは?

QNAP NASはNASを初めて導入いただくお客様や、
すでに他社様のNASを使って頂いているお客様にもおすすめです。
QNAPのNASがおすすめである7つの理由
  1. わかりやすい操作画面
  2. 豊富なNAS専用アプリケーション
  3. レプリケーション/バックアップ
  4. 外出先からアクセス
    (myQNAPCloud)
  5. 復元がかんたん
    スナップショット機能
  6. 容量拡張 & かんたんリプレース
  7. SSD活用による高速化

QNAPのNASはここがおすすめ01わかりやすい操作画面

POINT

分かりやすいGUIで、マニュアルなしでも設定・管理

わかりやすい操作画面

QNAP NASは全モデルで共通の日本語ユーザーインターフェイス(GUI)を採用し、IT知識、ユーザーマニュアルがなくても直感的な操作でかんたんに操作できます。

QNAPのNASはここがおすすめ02豊富なNAS専用
アプリケーション

POINT

QNAPのAppCenter という専用ダウンロードサイトにて、
業務に合ったアプリケーションを追加して、NASの機能を強化

豊富なNAS専用アプリケーション

・全文検索エンジン、ファイル管理自動化
・ネットワークカメラを組み合わせた監視録画、リアルタイム顔認識
・クラウドストレージ連携
・ハイパーバイザー(仮想マシン搭載)

例えばこんなアプリがございます。

  • Qfiling
    Qfiling

    Qfilingは面倒なファイル整理を自動化する画期的なアプリケーションです。ファイルの種類(画像、音楽、メールなど)や作成日(年、月、日)などの分類項目を設定するだけで、対応するフォルダにファイルを振り分けることができます。

  • Qsirch
    Qsirch

    QNAP NAS上に保存されている画像、動画、音楽、文書などをファイル名、コンテンツ、メタデータに基いて高速で検索できるエンジンです。
    ※ChromeやFirefoxにQsirchHelperを組み込んで置くことで、Webブラウザから同時にインターネットとNAS内を同時にキーワード検索も可能です。

  • Q’center
    Q’center

    複数台のNASの状態監視、アラート通知、ファームウェアバージョンアップを一元的に行えるNASの集中管理ツールです。Webブラウザ上で複数拠点の複数のNASを管理できます。

  • QVR Pro & QVR Elite
    QVR Pro & QVR Elite

    140を超えるブランドと数千のカメラモデルに対応し、本格的な監視ソリューションを提供します。
    2種類の監視アプリケーションから選択ができます(QuTS heroではQVR Eliteのみご利用可能)
    QVR Pro : 8チャネルまで無料でご利用可能。有償ライセンスにより最大128チャネルまで追加可能。
    QVR Elite : 2チャネルまで無料でご利用可能。サブスクリプション方式により最大192チャネルまで追加可能。
    QVR Centerを使えば、各所に設置された複数のQVR ProとQVR Eliteが稼働するNASを集中管理することができます。

  • HBS3(Hybrid Backup Sync)
    HBS3
    (Hybrid Backup Sync)

    バックアップ、復元、同期の統合アプリケーションで、ローカルNAS、リモートNAS、外付けドライブ、クラウドストレージへのバックアップと同期を柔軟に行えます。
    世代管理バックアップ、データ重複排除にも対応しバックアップ効率を向上できます。

  • HybridMount
    HybridMount

    主要なクラウドストレージサービスをNASにマウントすることで、ユーザーのファイルアクセスを一元化できます。

  • Virtualization Station
    Virtualization Station

    NAS上に複数の仮想マシン(VM)を作成して、Windows、Linux等のOSを実行できます。
    各VMには、Webブラウザからリモートデスクトップのようにアクセスできます。

QNAPのNASはここがおすすめ03様々なレプリケーション/
バックアップ

POINT

・無償で利用出来るQNAP HBS3があるため、高価で複雑なバックアップソフトウェアは不要

・双方向レプリケーション、クラウド連携も簡単

Hybrid Backup Sync (HBS)

データバックアップ&復元、レプリケーションを行う統合アプリ。App Centerから無償でダウンロード可能です。

図のように、NAS-to-NAS、NAS-to-DAS、NAS-to-クラウドのレプリケーションやバックアップを簡単に実現できます。

Hybrid Backup Sync (HBS)

レプリケーションとは?

レプリケーションとは「複製」を意味し、サブNASにてメインNASを複製できるバックアップ方法です。
障害発生時にNASを切り替えて業務継続が可能というメリットがあります。

レプリケーションとは?

QNAPのNASはここがおすすめ04外出先からのアクセス
(myQNAPCloud)

POINT

テレワーク推進により社外やご自宅でお仕事をする機会が多くなっていますが、
社外からNASへアクセスしたり、ファイル・写真をアップロード・ダウンロード
できます!

※あらかじめmyQNAPcloudサービスの設定が必要になります

  • WebブラウザからNASにアクセスできます。

    WebブラウザからNASにアクセスできます。

  • iPhoneやAndroidなどスマートフォンからNASにアクセスできます。(Qfileというアプリが必要です)

    iPhoneやAndroidなどスマートフォンからNASに
    アクセスできます。(Qfileというアプリが必要です)

  • myQNAP経由で外部のユーザーにファイルを共有できます。

    myQNAP経由で外部のユーザーにファイルを共有できます。

QNAPのNASはここがおすすめ05復元がかんたん
スナップショット機能

POINT

・誤って削除したファイルを復元

・ファイルを更新前の状態に戻せる

・ランサムウェアに感染したファイルを復元

復元がかんたんスナップショット機能

バックアップによる世代管理には大容量のドライブが必要ですが、スナップショットなら、少ない容量で多くの世代を保存できます。
ランサムウェアに感染しても、スナップショットからファイルを復元できます。

QNAPのNASはここがおすすめ06容量拡張 &
かんたんリプレース

POINT

・NASを買い換えなくても容量を増やせる

・本体のリプレース(replace=機器の交換)もHDDの載せ替えだけも可能

・障害が発生してもデータ移行作業なしで復旧可能

バックアップによる世代管理には大容量のドライブが必要ですが、
スナップショットなら、少ない容量で多くの世代を保存できます。
ランサムウェアに感染しても、スナップショットからファイルを復元できます。

  • HDDを1台ずつ入れ替えて容量を拡張
    POINT1オンラインRAID拡張
    「オンラインRAID拡張」で、業務を止めずに大容量HDDに入れ替えられます。
  • ①HDDを載せ替え ②空きベイにHDD/SSDを追加
    POINT2システムマイグレーション
    「システムマイグレーション」でNASをリプレースできます。HDDを載せ替えるだけで作業が完了し、データ移行は不要です。
  • HDDを後から増設可能
    POINT3HDDを後から増設可能
    HDDを後から増設できますので、初期投資を抑え将来の拡張に備えられます。

RAIDとは

RAID(レイド、Redundant Arrays of Inexpensive Disks)とは、「冗長性のある安価なディスクの配列」という意味で、複数台のHDDドライブ(またはSSDドライブ)を組み合わせて、仮想的な1つのドライブとして認識させて利用する技術です。
耐障害性の向上や、書き込み・読み込み速度の向上が可能です。

QNAPのNASはここがおすすめ07SSD活用による高速化

POINT

・多数のユーザーが同時にアクセスしても、快適に使用可能

・HDDとSSDを組み合わせて、価格・容量・パフォーマンスの課題を同時に解決

QM2:M.2 SSD拡張カード

QNAPならSSDを追加して、SSDキャッシュやQtierという自動階層化機能を動かせます (一部モデルを除く)。

オールフラッシュストレージ(例:全てSSDが搭載されているNASなど)は高価ですが、安価なHDDとSSDを効率的に組み合わせできるQNAPのNASなら、高価なストレージを導入しなくても、NASのパフォーマンスを大幅に向上させることができます。

Qtierは、約30倍の高性能を実現!

ランダムアクセス性能比較

Qtierは、約30倍の高性能を実現しております。

Qtier (自動階層化)

Qtierは、アクセス頻度が多いデータをSSDに、アクセス頻度が少ないデータをHDDに自動的に振り分けするQNAPのソリューションです。
ユーザーがデータ保管先を意識しなくても良いので、常に高いパフォーマンスが得られます。

Qtier (自動階層化)

QNAPのNASの
ラインナップ・
保守メニュー

QNAPのNASはラックマウント型、タワー型などラインナップが豊富ですので、
お客様のご要望にあった機種のご提案ができます。また、導入の支援メニューも充実しております。
今回はお客様からのご要望が多い機種をご提案させていただきます。

QNAP製品ラインナップ

  • TS-432PXU
    ミドル シリーズ
    (4TB~48TB)

    TS-432PXU ミドル シリーズ(4TB~48TB)

    AnnapurnaLabs Alpine
    2GB 4ベイ
    RAID 0 / 1 / 5 / 6 / 10
    ホットスワップ
    ディスク暗号化
    10GbE SFP+×2
    2.5GbE (2.5G/1G/100M) RJ-45×2
    3年保証
    有償保守対応

  • TS-131K
    ミドル シリーズ
    (1TB~8TB)

    TS-131K ミドル シリーズ(1TB~8TB)

    AnnapurnaLabs Alpine
    1GB
    1ベイ
    ホットスワップ
    ディスク暗号化
    1GbE (RJ-45)×1
    3年保証
    有償保守対応

  • TS-231K
    ミドル シリーズ
    (2TB~16TB)

    TS-231K ミドル シリーズ(2TB~16TB)

    AnnapurnaLabs Alpine
    1GB
    2ベイ
    RAID0/1
    ホットスワップ
    ディスク暗号化
    1GbE (RJ-45)×1
    3年保証
    有償保守対応

  • TS-231P3
    ミドル シリーズ
    (2TB~16TB)

    TS-231P3 ミドル シリーズ(2TB~16TB)

    AnnapurnaLabs Alpine
    4GB
    2ベイ
    RAID0/1
    ホットスワップ
    ディスク暗号化
    1GbE (RJ-45)×1
    3年保証
    有償保守対応

  • TS-431K
    ミドル シリーズ
    (1TB~8TB)

    TS-431K ミドル シリーズ(1TB~8TB)

    AnnapurnaLabs Alpine
    1GB
    4ベイ
    RAID0/1/5/6/10
    ホットスワップ
    ディスク暗号化
    1GbE (RJ-45)×1
    3年保証
    有償保守対応

  • TS-431X3
    ミドル シリーズ
    (4TB~32TB)

    TS-431X3 ミドル シリーズ(4TB~32TB)

    AnnapurnaLabs Alpine
    4GB
    4ベイ
    RAID0/1/5/6/10
    ホットスワップ
    ディスク暗号化
    10GbE SFP+x1
    2.5GbE (2.5G/1G/100M)
    RJ-45×1
    1GbE (RJ-45)×1
    3年保証
    有償保守対応

  • TS-453D
    ミドル シリーズ
    (4TB~48TB)

    TS-453D ミドル シリーズ(4TB~48TB)

    Intel® Celeron®
    4GB
    4ベイ
    RAID0/1/5/6/10
    ホットスワップ
    ディスク暗号化
    2.5GbE (2.5G/1G/100M)
    RJ-45×1
    3年保証
    有償保守対応

他にも、
幅広いラインナップが
ございます!

他にも、幅広いラインナップがございます!

QNAPの保守メニュー

QNAP 製品を安心してご利用頂くために、
フォースメディアでは独自の保守サービスを提供しています。
システムのサービスレベルや予算に応じて、最適な保守サービスを選択して頂けます。

※左へスクロールできます。

外付けハードディスクとの違い
外付けハードディスクとの違い
  • 先出しセンドバック保守サービス

    先出しセンドバック保守サービス

    故障箇所を特定後、交換品を出荷します。 交換作業はお客様自身に行って頂きますので、知識がある方におすすめです。

    受付時間 : 平日 9:00 ‒ 17:00

  • オンサイト保守サービス

    オンサイト保守サービス

    作業員がNAS設置場所まで訪問して修理・交換を行います。2~3日営業日後に対応させていただきます。

    受付時間 : 平日 9:00 ‒ 17:00
    現地対応 : 平日 9:00 ‒ 17:00
    訪問目安 : 2 ~ 3 営業日後

  • プレミアオンサイト保守サービス

    プレミアオンサイト保守サービス

    作業員がNAS設置場所まで訪問して修理・交換を行います。翌営業日以降でのご対応となります。

    受付時間 : 平日 9:00 ‒ 20:00
    現地対応 : 平日 9:00 ‒ 17:00
    訪問目安 : 翌営業日以降

  • 24 時間 365 日保守サービス

    24 時間 365 日保守サービス

    作業員がNAS設置場所まで訪問して修理・交換を行います。 24時間365日受付させて頂き、翌営業日(地域によっては4時間以内)に対応します。

    受付時間 : 24 時間 365 日
    現地対応 : 平日 9:00 ‒ 17:00
    訪問目安 : 翌営業日以降
    ( 地域により4 時間以内を目標 )

※ 平日は土・日・祝日、フォースメディア指定休業日を除く日でございます。

※保守についての詳細はこちら

各種サービス

スマート見積もり

QNAP 製品の構成のカスタマイズと参考価格の算出ができます。 スマート見積もりはこちらからご覧ください。

設定・構築支援サービス

NAS の高度な設定や現地設置・設定作業を承ります。

評価機無償貸出サービス
( 法人様向け )

製品の機能や性能の確認、デモなどにご利用頂けます。

スマート見積もり

NASの相談は
エレコムに!

QNAPのNASはラックマウント型、タワー型などラインナップが豊富ですので、お客様のご要望にあった機種のご提案ができます。
また、導入の支援メニューも充実しております。
今回はお客様からのご要望が多い機種をご提案させていただきます。

QNAPのNAS

また、エレコムグループでは、NASの他にもタブレット、Wi-Fi化、ネットワーク機器からケーブル、アクセサリまでをご用意できますので、企業様のお悩みに合わせてワンストップで製品をご提案可能です。

もちろんデモや営業からの製品ご紹介・技術的な質問もお答えできますのでぜひお問い合わせください。

提案資料や検証機もございますので、ご要望をぜひお聞かせください。

ELECOM