新4K放送を楽しみ準備OK? テレビと一緒にHDMIケーブルも買い替えよう! 4Kテレビを100%楽しむ専用ケーブル新4K放送を楽しみ準備OK? テレビと一緒にHDMIケーブルも買い替えよう! 4Kテレビを100%楽しむ専用ケーブル
新4K放送を楽しみ準備OK? テレビと一緒にHDMIケーブルも買い替えよう! 4Kテレビを100%楽しむ専用ケーブル新4K放送を楽しみ準備OK? テレビと一緒にHDMIケーブルも買い替えよう! 4Kテレビを100%楽しむ専用ケーブル

アンテナだけじゃない!
新4K放送の準備はケーブル

2018年12月1日、ついに「新4K8K衛星放送」がスタートしました。
現在のデジタル放送(フルハイビジョン)と比較して、より高精細・高画質な映像(スーパーハイビジョン)をテレビで楽しむことができます。
そのため、大画面テレビでも美しい映像で、粗さが目立つことなく鑑賞することができます。

4Kテレビのポイント

  • 高画素数

    高画素数高画素数

    フルハイビジョン(2K)と比べ、4Kは4倍画素数なので大画面でも粗さが目立ちません。

  • 高フレームレート

    高フレームレート高フレームレート

    4Kは1秒間に60フレーム以上の映像が再生されます。
    動きの激しい映像でも、より滑らかに楽しむことができます。

アンテナやチューナーだけ
対応すればいいの?

NO!NO!

新4K放送を楽しむためには、新4K放送の受信に対応したアンテナやチューナーが必要になります。

もうすでに対応機器を買いそろえた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
テレビと接続をしている、レコーダーやチューナーのHDMIケーブルは買い替えしましたか?

意外と知られていない!
実は、HDMIケーブルも4K対応が必要です

HDMIケーブルには、様々な規格があるのをご存じですか。HDMIケーブルは、規格が異なっていてもコネクタの形状は変わりません。
そのため、テレビやチューナーを買い替えても、HDMIケーブルを買い替えていない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

どうしてHDMIケーブルも買い替えが必要なの?

高精細・高画質な新4K放送は、扱うデータ量がとても大きくなります。
4Kに対応していないHDMIケーブルでは、せっかくの美しい映像を存分に楽しむことができません。
そのためレコーダーや、チューナーをテレビと接続している場合、そのHDMIケーブルも4Kに対応した製品にする必要になります。

どうしてHDMIケーブルも買い替えが必要なの?どうしてHDMIケーブルも買い替えが必要なの?
新4K放送の高画素、高フレームレートに対応しているのはPremium HDMIケーブル新4K放送の高画素、高フレームレートに対応しているのはPremium HDMIケーブル
新4K放送の高画素、
高フレームレートに対応しているのは

Premium HDMIケーブル

HDMIケーブルのうち、4Kに対応している規格は「Premium HDMI」と呼ばれています。
Premium HDMIの特徴は次の通りです。

1解像度

4K放送の、約800画素(解像度:3840×2160)の映像に対応しています。大画面でも美しい映像で粗さが目立ちません。

1 解像度1 解像度

2高フレームレート

フレームレートとは、映像の滑らかさを決める基準です。1秒間の映像の中に、何枚のフレーム(静止画)を見せるのかを表しています。
新4K放送のフレームレートは、60Hz以上。つまり1秒間に60枚以上のフレームが表示され、Premium HDMIケーブルはこれに対応しています。

2 高フレームレート2 高フレームレート

3伝送速度

新4K放送では高解像度、高フレームレートになるため、より速いデータの伝送速度が求められます。Premium HDMIは、従来規格の1.8倍となる18Gbpsに対応しています。

3 伝送速度3 伝送速度

4HDR対応

新4K放送では、従来規格よりも明暗差を拡大し、明るい部分と暗い部分どちらの階調も表現できます。
そのため、より人間の目に近い自然で立体感のある映像を見ることができます。

4 HDR対応4 HDR対応

4K対応するなら
Premium HDMIケーブル

横にスクロールできます

New

Old

規格 Premium HDMI HIGH SPEED with
Ethernet(HDMI1.4)
HDMI1.3
4K対応 × ×
解像度 4K(3840×2160)
フレームレート:60Hz
4K×30Hz
(3840×2160)
フルHD(MAX×2160)
伝送速度 18Gbps 10.2Gbps 10.2Gbps
追加機能
  • ・HDR:色域拡大
  • ・BT2020:音域拡大
  • ・ARC(オーディオリターンチャンネル)
  • ・HEC(HDMIイーサネットチャンネル)
  • ・3D映像
  • ・DeepColor