デジタルサイネージ活用 飲食店編

  • サービス業
  • デジタルサイネージ
  • 関連コラム記事
概要
昨今、デジタルサイネージを活用する飲食店は多くなっています。
看板やメニュー表など、活用方法は店舗によって異なります。
どのような活用方法があるのか、デジタルサイネージを導入することにはどのようなメリットがあるのかなどについて、見ていきましょう。

飲食店がデジタルサイネージを導入することのメリット

飲食店がデジタルサイネージを活用することにはどのようなメリットがあるのでしょうか?
その活用メリットについて見ていきましょう。

  • 飲食店のデジタルサイネージ導入メリット1
    時間帯に合わせた的確なコンテンツ配信が可能

    デジタルサイネージは、従来の看板と違いフレキシブルなコンテンツ配信をすることが可能です。
    昼と夜とで業態やメニューが異なる飲食店の場合、時間帯によってデジタルサイネージのコンテンツが切り替わるようにしておくことで不要な手間やミスをなくすことができます

  • 飲食店のデジタルサイネージ導入メリット2
    より多くの情報をお客様に届けることができる

    看板では、一種類の厳選した情報のみしか届けることができません。
    しかし、デジタルサイネージを使えば、スライドで複数のコンテンツを見てもらうようにすることもできれば、動画で見てもらうこともできます。
    お客様により多くの情報を届けることができるため、お店の魅力を今まで以上に知ってもらうことができるのです。

  • 飲食店のデジタルサイネージ導入メリット3
    壁面にポスターの代わりに設置する

    店内の壁面には、新メニューやおすすめメニューを紹介するポスターを貼っておくことも多いものです。
    ポスターを貼っている場合、貼り替えの作業コストが発生します。
    それ以外にも、印刷コストも必要になります。
    これらを削減することができるため、壁面にポスターの代わりにデジタルサイネージを活用するお店も少なくありません。

デジタルサイネージの活用方法の種類

img

デジタルサイネージを導入することのメリットについて知った後は、飲食店での活用方法にはどのような種類があるのかをみていきましょう。
様々な種類がある中から、そのうちの一つをご紹介します。

  • メニューボードのサイネージ化

    メニューボードをデジタルサイネージにすることで、コンテンツの再活用をすることができ、余分な作業を少なくすることができます。
    また、多くの情報を伝えることができるため、プロモーション効果を高めることもできます。

デジタルサイネージによる集客効果

img

デジタルサイネージを活用することで、様々なコンテンツを店内や店外のお客様に見てもらうことが可能になります。
店内に設置することで、お店がおすすめしたいメニューを効果的に見せることができるため、客単価や顧客満足度の向上が見込めます。
店外での設置は、従来よりも高い集客効果が期待できます。
複数のコンテンツや動画コンテンツ、大きいサイズのコンテンツを見てもらうことができるため、同じ情報でもよりインパクトのある見せ方をすることができるのです。

また、店内での活用シーン同様、曜日や時間などによるコンテンツの使い分けも容易にすることができます。
「曜日ごとのキャンペーン」「20時までは、ビール半額」などの集客力のある訴求も、自動で簡単に伝えることができるため、新たなプロモーション戦略も試しやすいでしょう。

  • おわりに

    飲食店でのデジタルサイネージ活用についてご説明しました。
    飲食店はもともと告知物が多い業種であるため、デジタルサイネージの活用効果が高い業種の一つです。
    まだ、デジタルサイネージを導入されていないお店は、ぜひとも一度導入を検討してみてください。
    その導入費用を上回る集客効果が期待できるかもしれません。
    デジタルサイネージを取り扱っているメーカーに連絡することで、お店にあったデジタルサイネージの種類や効果的な活用方法の事例が聞けることもあるでしょう。
    検討されている場合、まずは一度メーカーまで連絡をしてみましょう。

お問い合わせ

ご検討の方は、ぜひお気軽に、下記WEBフォームでお問い合わせください!

※本サービスについてのお問い合わせ以外は、回答致しかねますのでご了承ください。
製品に関する技術的なお問い合せに関しましては、下記リンクからお問い合わせください。

法人のお客様向けサポート窓口
この記事をSNSで共有しませんか?