デジタルサイネージ導入に失敗しないためのポイントをご紹介

  • デジタルサイネージ
  • 関連コラム記事
概要
デジタルサイネージの導入を検討する際には、いくつかのポイントを押さえておくと、導入に失敗しにくくなるほか、導入をスムーズに進めることができます。
今回は、デジタルサイネージ導入に失敗しないためのポイントについていくつかご紹介していきます。

デジタルサイネージの導入目的を明確にする

デジタルサイネージの導入にあたり一番重要になるのは「デジタルサイネージを導入してどのようなことを行いたいか」ということを明確化させることです。
現状どのようなことが課題になっており、またどういったことが目的で設置を行うのかを導入前に明確にしておくと、実際に導入した時、スムーズに機能させることができるでしょう。
具体的には「おすすめ商品をもっと人目に触れさせたい」「お店にデジタルサイネージを設置して店内誘導をしたい」「天気予報や時事ニュースを配信して社員に必要な情報を共有したい」「映像を配信して空間演出したい」といったようなことが挙げられるでしょう。
デジタルサイネージで改善できることはさまざまです。
そのため、事前に目的をはっきりとさせたうえで導入を検討するのが良いでしょう。

設置場所の検討と確保

img

デジタルサイネージを効果的に使用するためには、なるべくたくさんの人の目に触れる場所にデジタルサイネージを設置することが重要です。
理想的な設置場所としては、人が頻繁に通る場所・人が集まる場所・待ち合わせによく使われている場所などが挙げられます。
このような設置場所を前もって検討・確保しておくことで、デジタルサイネージ導入後も効果的に使用することができるでしょう。
また「お店の前にデジタルサイネージを設置したい」という方は、その場所に設置しても問題が無いかどうか確認しておくと安心です。

  • ・設置場所に適したサイズを選ぶ

    またデジタルサイネージのサイズに関しては、設置場所に適したサイズを選ぶようにしましょう。
    人が多く集まる場所に設置する際は、デジタルサイネージを目立たせなければならないため、大きめのものを選ぶのがおすすめです。
    一方、店内用のデジタルサイネージが大きすぎてしまうと圧迫感があるため、こちらは小さめのものを選ぶと良いでしょう。
    場所によって適したサイズがあるため、「どの場所にどれくらいのサイズ感のデジタルサイネージを設置するか」という内容を決めておくことが大切です。

デジタルサイネージを管理・配信する担当者を決める

img

表示・配信する情報が決まっている場合でも、その管理・配信を行う人物が決まっていない場合は、いざ導入し始めた際にもスムーズに進まなくなる傾向にあります。 「誰でも自由に」ではなく、誰が管理・配信するのか、担当者を決めておくことをおすすめします。
たとえばリアルタイムの情報更新を行う際にでも、更新する担当者が決まっている方
が混乱は起きにくくなるでしょう。

おわりに

今回は、デジタルサイネージ導入に失敗しないためのポイントについていくつかご紹介しました。
デジタルサイネージ導入する際には、今回ご紹介した大きく分けて4つのポイントに着目しながら慎重に導入を進めるようにしてみてください。
現状の問題点や改善したい点、設置場所やコスト面など、すべてを明確にしたうえでデジタルサイネージを選ぶと、導入後も効果的に使用できるのではないでしょうか?

お問い合わせ

ご検討の方は、ぜひお気軽に、下記WEBフォームでお問い合わせください!

※本サービスについてのお問い合わせ以外は、回答致しかねますのでご了承ください。
製品に関する技術的なお問い合せに関しましては、下記リンクからお問い合わせください。

法人のお客様向けサポート窓口
この記事をSNSで共有しませんか?