Wi-Fi 7

動画視聴やライブストリーミングも
よりスムーズなオンライン体験を

01

Wi-Fi 7とは?

Wi-Fi 7とは、「Wi-Fi 6(6E)」をベースに改善が施された次世代無線規格です。
正確には「IEEE802.11be Extremely High Throughput(EHT)」と呼ばれ、
無線LAN製品の業界団体によるWi-Fi Allianceより7番目の次世代規格として
認定されています。

Wi-Fi 7は「2.4GHz」「5GHz」「6GHz」などの3帯域すべてで活用できるだけでなく、
従来よりも優れた接続の安定性や、最大通信速度を誇ります。
そのため、今まで問題視されていた読み込みの遅さや遅延の問題も、
Wi-Fi 7対応ルーターが一挙に解決できるかもしれません。

快適なネットワーク環境を実現するために、
今Wi-Fi 7対応ルーターが注目を集めています。

02

今までの
Wi-Fi規格との違い

Wi-Fi 7は、今までのWi-Fi規格と違って、大幅にアップグレードされた通信速度を誇ります。従来のWi-Fi 6(6E)に比べて約4.8倍、Wi-Fi 5では約13倍ものスピードアップ※を実現しており、Wi-Fiの通信速度に悩まされていた環境も大きく改善する効果が期待できます。

※Wi-Fi 7の通信速度はMLO【5GHz(160MHz) + 5GHz(160MHz) +6GHz(320MHz)】を利用した理論上の最大値であり、実際の転送速度を示すものではありません。

Wi-Fi 7 46GHz Wi-Fi6 9.6GHz 4.8倍高速

Wi-Fi 6 Wi-Fi 6E Wi-Fi 7
規格名 IEEE 802.11ax IEEE 802.11be
規格
リリース年
2019年 2020年 2024年
周波数 2.4GHz / 5GHz 2.4GHz / 5GHz /
6GHz
2.4GHz / 5GHz /
6GHz
最大通信速度 9.6Gbps 46Gbps
変調方式 1024QAM 4096QAM
最大帯域幅 160MHz 320MHz
伝送方式 CSMA/OFDM/OFDMA
MIMO方式 MU-MIMO(アップリンク/ダウンリンク)

※Wi-Fi 6Eで更新があったのは6GHzのみ

03

Wi-Fi 7の特徴

Wi-Fi 7は、「高速化を支える技術」「低遅延で快適通信」の2点で大きな進化を遂げています。

備考:ここで紹介するWi-Fi 7の諸機能を動作させるためにはルータだけでなく、スマホなど接続相手先もその機能を保持している必要があります。また、同じWi-Fi 7の製品でもサポートしているオプション機能に違いがあることがありますのでご注意ください。

高速化を支える技術

最大320MHzの帯域幅

Wi-Fi 6では160MHz幅しか利用できなかった帯域幅も、Wi-Fi 7なら一度に320MHz幅まで利用できます。2倍の帯域幅によって、スピーディかつ多くのデータを同時配信しやすくなるのが特徴です。そのため、約2倍の通信速度を発揮する性能が期待できます。

※320MHz幅まで利用できるのは6GHz通信のみ

一度に運べる容量が拡張します

MLO(Multi-Link Operation)

「MLO(Multi-Link Operation)」技術によって、「2.4GHz/5GHz/6GHz」と複数の周波数を同時に利用できるようになりました。通信容量が増大して通信速度の向上に貢献するだけでなく、干渉波の影響を受けにくいのも特徴です。

たとえば、電子レンジを使うと2.4GHz帯で電波を出し、無線通信が不安定になってしまうケースも少なくありませんでした。MLO技術に対応したWi-Fi 7ルーターなら、「2.4GHz/5GHz/6GHz」すべてに同時接続できるため、電波干渉で影響を受けるリスクを最小限に抑えられます。

遅延やそのばらつきが抑えられるため、高速な通信環境を安定して利用しやすくなる効果が期待できます。

Wi-Fi 7は複数の帯域で同時に送受信ができる!多くのデバイスを同時接続してもスムーズ

4kQAM

データを電波で搬送する際の変調方式が改善され、通信効率が向上したのもWi-Fi 7の特徴です。一度に表現できる情報量が増加し、Wi-Fi 6Eでは1024QAM(10bit)だった数値がWi-Fi 7では4096QAM(12bit)まで増加しました。

その結果、通信速度が20%向上する高速通信を実現しています。ピークレートの高まりによって、オンラインゲームのラグ低減や、自宅からの快適なライブ配信を実現しやすくなります。

Wi-Fi 7は4096QAM(12bit)

低遅延で快適通信

Multi-RU(Multi-Resource Unit)

Wi-Fi 6からOFDMAと言う技術が採用されています。OFDMA技術を用いることにより、OFDM信号を複数のRU(Resource Unit)に分けることにより、同時に複数の子機と通信ができるようになりました。しかし、各々の子機と通信できるのはRU単位となっていました。Wi-Fi 7ではこの技術をさらに進化させ、子機との通信量に応じて、1つの子機に対して複数のRUを割り当てることができるようになりました。これをMRUと呼びます。

そのため、大きなファイルの送信時や高速インターネット接続が必要なシーンに応じて、一時的に多くのリソースを利用するといった柔軟な対応が可能です。伝送効率を引き上げ、低遅延で快適な通信環境を実現できます。

Wi-Fi 7はネットワークの柔軟性や周波数の使用効率までしっかりと改善されていると言えるでしょう。

Wi-Fi 7は空いているリソースユニットも使用して通信効率アップ!

プリアンブルパンクチャリング

プリアンプルパンクチャリングとは、干渉する信号や近隣の無線ネットワークが使用中のチャネルを避けて、空いているチャンネルを効果的に利用する技術です。従来は干渉波などが生じると、一部チャンネルが分断されて利用不可になってしまい、データの送信効率が落ちたり混雑が発生したりするケースが見られました。

Wi-Fi 7はプリアンプルパンクチャリングに対応しているため、干渉波が存在する周波数帯のチャネル部分のみを間引いて通信することによりチャンネル全体を無駄なく利用できる魅力があります。効率的な通信環境を実現して、通信効率改善や混雑の減少により、低遅延で快適な通信を期待できるのが特徴です。

Wi-Fi 7は電波干渉チャネルを除いて、干渉していないチャネルのみで通信!

04

Wi-Fi 7のメリットを活かせるシーン

Wi-Fi 7の導入によって、「高速通信を実現できる」「レイテンシーを改善しやすい」「多くのデバイスと同時接続ができる」などのメリットがあります。それにより、幅広いシーンでWi-Fi 7のメリットを活かせるとされています。

4K 8K動画の視聴

Wi-Fi 7なら、4K 8K動画の視聴もバッファリングの発生を抑え、再生品質を下げずに快適な視聴を続けやすくなります。動画を視聴していると、再生に読み込みが追いつかず、盛り上がるシーンで止まってしまった…なんて経験をされた方もいるかもしれません。

Wi-Fi 7なら、4K 8Kの美麗な動画もハイスピードでデータを読み込めるため、最後まで熱中して動画を視聴できます。

快適なWeb会議

リモートワークの普及に伴って動画や音声をリアルタイムでやりとりするケースも増加傾向にあります。受け取り手の通信環境が不安定だと、送信元の通信が安定していても映像や音声が乱れたり、途切れてしまったりするのも事実です。

Wi-Fi 7なら、広い帯域幅で高速な通信速度を誇るため、スムーズで快適なWeb会議を行いやすくなります。

低遅延でのオンラインゲーム

スマートフォンやノートパソコンなど、Wi-Fiでオンラインゲームをするときも、Wi-Fi 7なら快適なプレイングをサポートしてくれます。Wi-Fi 7の低遅延機能によりタイムラグが大幅におさえられ、ゲームプレイに集中することが可能です。

また、MLO技術によって複数帯域を同時に利用できるため、家電など外部の干渉波が原因で通信が不安定になってしまうリスクも低減できます。

05

対応商品

  • 近日発売

    6GHz対応

    WRC-BE94XS-B

    Wi-Fi 7対応でさらに高速な通信を実現。動画視聴やライブストリーミングなど、より高速な通信が要求されるコンテンツでも、遅延なくスムーズなオンライン体験を提供。2.4GHz、5GHzはもとより、6GHzすべての帯域に対応することで、電波干渉による混雑を回避。ご自宅のマルチギガ回線のメリットも活かせる、IPv6(IPoE)対応 Wi-Fi 10ギガビットルーターです。

無線LAN親機(Wi-Fi/無線LANルーター) 製品一覧

2023.04.25