セキュリティー対策でマイナンバー制度を運用する機器を情報漏えいから守る!

マイナンバー制度に備えたセキュリティー対策で不正アクセスを防いで情報漏洩に備えましょう!マイナンバー制度に備えたセキュリティー対策で不正アクセスを防いで情報漏洩に備えましょう!

マイナンバー制度(社会保障・税番号制度)とは?
マイナンバー制度とは?
マイナンバーとは、現在ばらばらで管理されている年金の基礎年金番号、介護保険の被保険者番号、自治体内での事務に利用する宛名番号を、1つの「個人番号(マイナンバー制度)」で管理し、各分野、各機関で横断的に利用することができる「番号制度」です。 2015年10月にはマイナンバーの個人への通知が開始され、2016年1月に、実際の利用がスタートします。
どこに使うの?
マイナンバーは給与、株式配当など、個人への金銭支払いが発生する全ての取り引きで用いられます。特に注意すべきなのが「給与・人事関連業務」。民間事業者は全従業員からマイナンバー(本人/家族のマイナンバー)の提示を受け、源泉徴収票に各人のマイナンバーを記載の上、行政機関(地方自治体や税務署)に提出しなければなりません。
なぜセキュリティ対策が必要?
多くの個人情報を含むマイナンバーは、流出、不正利用されてしまうと、今までの個人情報の比ではないリスクがあります。従業員だけでなく、その扶養家族のマイナンバーを一括管理している企業のデータベースは、悪用したい人間からすれば宝の山。その分、マイナンバーの流出や持ち出しには厳罰が処されるだけでなく、企業イメージの低下にも繋がります。
どんな対策が出来るの?
エレコムから、マイナンバー制度に最適なセキュリティー対策商品をご提案いたします。マイナンバーはその重要性ゆえに、従来の個人情報よりも漏えい時のリスクが高くなります。今からできるセキュリティ対策で、情報漏洩対策を強化しませんか?

マイナンバーセキュリティ対策:無線ネットワークのセキュリティー対策

IEEE802.1x/EAP認証機能で許可されたユーザ以外の接続を防いでセキュリティー対策!

Radius(認証)サーバーと組み合わせることで、無許可機器を接続させないようにすることができます。アクセスを許可されたユーザーだけがネットワークに接続できるIEEE802.1x/EAP認証に対応し、マイナンバー制度を運用する部署のネットワークへのアクセスを防ぐなどセキュアなネットワークを構築できます。
※動作確認済みRadius(認証)サーバ、サプリカントはこちらをご確認ください。

マイナンバー制度を運用する部署の無線ネットワークへのアクセスを防ぐセキュリティ対策
PoE給電だから効率的
PoE受電機能とパススルー機能に対応。PoEを使用すれば、近くに電源が無くてもLANケーブルだけで電源を供給でき、効率的にネットワークを構築出来ます。
マルチSSID機能搭載
様々なセキュリティポリシーを1台で実現するため、SSIDごとに認証および暗号方式を設定可能!最大32個のSSID(2.4GHz:16個,5GHz:16個)を設定可能です。
安心の3年保証
(センドバック保守)
保証期間は安心の3年保証(センドバック保守)。心強い保守サービス、デリバリー保守とセンドバック延長保守をオプションでご用意しています。
自動的に省エネを実現
無線LANの使用頻度が低い休日のオフィスなどで、自動的に無線やLEDをOFFにする節電スケジュール機能を搭載。手間なく省エネを実現します。
設置オプション品標準装備
専用金具及びマグネットを標準添付。壁付け・天井付けなど様々な取付方法に対応します。ケンジントンロックにも対応し、機器を盗難から守ります。
管理ツール無料提供
複数台のアクセスポイント向けの管理ツールを無料で公開! よく使われる項目のみに絞ったシンプルな設定画面で、 複数台の機材を同一設定に一括変更可能です。

マイナンバーセキュリティ対策:有線ネットワークのセキュリティー対策

VLAN機能で部署間のネットワークを分離してマイナンバー制度のセキュリティー対策!

スイッチ1台で部署ごとやグループごとにネットワークを分けることのできるVLAN機能搭載。ポートベース、MACベース、サブネットベース、プロトコルベースのVLANに対応し、マイナンバー制度を運用する部署のネットワークへのアクセスを禁止するなど様々なポリシーに基づいてのネットワーク分割が可能です。

マイナンバー制度を運用する部署の有線ネットワークへのアクセスを防ぐセキュリティ対策
QoS機能搭載
遅延の許されないリアルタイムアプリケーションに必須となるQoS機能に対応。レイヤー2/3/4(802.1p/DSCP/TCP・UDPポート)レベルでのQoS機能に対応し、既にQoS制御しているネットワークに簡単導入できます。
スパニングツリー
(STP/RSTP/MSTP)対応
冗長構成時の経路切り替えを自動的に行う各種スパニングツリープロトコルに対応。基本的な802.1D STPから、高速収束機能を備えた802.1w RSTPやVLANとの親和性が高い802.1s MSTPまで、様々なネットワークに対応します。
安心の3年保証
(センドバック保守)
保証期間は安心の3年保証(センドバック保守)。心強い保守サービス、デリバリー保守とセンドバック延長保守をオプションでご用意しています。
ポートトランキング対応
ギガポートを複数束ねることで最大5Gbpsまでのバックボーン帯域拡張が提供可能とともに冗長性を提供することでケーブル障害時にも通信断を防ぎます。
IEEE802.1X認証対応
接続許可が出されるまでネットワークへの接続を防止するIEEE802.1X認証に対応。RADIUSサーバーとの組み合わせで一元的なアカウント管理により、手間をかけず強固な セキュリティーを実現します。
WEB認証機能搭載
WindowsパソコンのみならずMacやスマホ、タブレットなど様々なOS端末を一元的に認証できるWEB認証機能搭載。OSに依存せずブラウザを搭載していれば、認証可能です。

マイナンバーセキュリティ対策:USBメモリ

セキュリティ×管理ソフトでウィルスをシャットアウト!
セキュリティソフト搭載のライセンス付USBメモリ

マイナンバー制度を運用する部署のPCがウィルスに感染すると重大なトラブルを引き起こす可能性があります。セキュリティUSBメモリはウィルス感染によるマイナンバーなど重要な機密データの情報漏えいを防ぎます。ウイルスに感染されたファイルが検出されれば、自動的に専用フォルダに隔離され、選んで対処できるのでウイルス感染を未然に防ぐことができ、安心してお使い頂けます。 またパスワードロック機能で万一の紛失や盗難時でもマイナンバーの漏洩リスクを低減できます。

パスワードロック機能でユーザ認証
パスワードロック機能を搭載し、パスワード認証を実行するまでは保存ファイルを見ることができません。盗難や紛失時でも、マイナンバーなど機密情報の漏洩リスクを低減できます。

データへのアクセスにはパスワードが必要なのでセキュリティー強度が高まります。

書き込みデータをウイルスチェック
メモリへの書き込み時にウイルスを自動チェックし、隔離・削除で対応します。マイナンバーなど重要な情報を取り扱うPCをウィルス感染から守ります。

メモリへの書き込み時にウイルスを自動チェック

ハードウェアレベルの自動暗号化
書き込みデータはコンローラによってAES256bitですべて自動的に暗号化されます。本体を分解して直接データを閲覧しても、暗号化によりマイナンバーなどの保存された内容を読み取ることはできません。

自動暗号化でマイナンバーなど重要情報の漏洩を防ぎセキュリティ強度を高めます。

自動更新で新種のウイルスにも対処
インターネット環境に接続すると、最新のウイルス定義ファイルやプログラムに自動更新しますので、常に安心して使用できます。

自動的にアップデート

※上記は一部です。ライセンス年数は1,3,5年から、メモリ容量は2,4,8,16,32GBからお選びいただけます。 
→トレンドマイクロ →マカフィー


管理ソフト対応モデルも選べる
管理ソフト「セキュリティUSBマネージャー」(別売)に対応したモデルもご用意しております。管理者用ソフトウェアを使用することで、情報セキュリティポリシーに則した運用と管理を可能にし、USBを一元管理できます。

主な機能・特徴

  • パスワードポリシーの設定が可能!パスワードの文字数や文字種を指定し安易なパスワードの設定を防いだり、複数回の誤入力でロックを掛けたりすることも可能です。
  • コピーガード機能によって、自宅PCへのデータのDLを制限!指定PC以外では、セキュリティUSBメモリ内のデータをPCに保存することや、印刷、スクリーンキャプチャなどが禁止されるので、マイナンバーなどのデータ漏洩対策をより強固にすることができます。
  • ファイル操作のログ管理が可能!誰がどのPCでどのような操作を行ったかファイルの使用状況を管理者が確認できます。
管理ソフト対応+パスワードロック機能付
パスワードロックと自動暗号化による情報漏洩対策機能を搭載した、管理者用ソフト対応USBメモリです。

マイナンバーセキュリティ対策:セキュリティワイヤー

事前検証で安心導入
豊富なラインアップから選べるセキュリティワイヤーでマイナンバーなどの情報漏えいを防ぐ

マイナンバー制度を運用する機器を物理的な盗難などから守るセキュリティーワイヤーです。南京錠・シリンダ錠・ダイアル錠などお好みで選べるラインアップ。設置環境に合わせて、サブワイヤーやキータイプの組み合わせが可能です。

※キータイプ・オプショングッズなど他ラインアップはこちらをご確認ください

用途に合わせて鍵の
管理方法が選べます
多種多様な管理方法にあわせて、鍵の種類を選ぶことが可能です。オフィスの環境や条件にあわせて設定していただけます。
※統一キー、マスターキータイプは受注生産品となります。

マイナンバーセキュリティ対策:ポートガード

USBポート/LANポートを塞いで物理的にガードしてマイナンバーなど機密情報を情報漏えいから守る
空いているUSBポート/LANポートへの不正な接続を防止

マイナンバー制度を運用する機器のUSBポートやLANポートを物理的にふさぐ事によって、ノートPC・USBメモリ・HDD等の記憶媒体への不正なデータ保存を防ぎます。 低コストで、手軽に導入できるセキュリティー対策です。

鍵付きの
LANポートプロテクタ

LAN用のハブの空きポートに差込み、空きポートの無断使用や誤使用によるネットワーク障害を防止する鍵付きのプロテクタです。オフィスからご家庭まで幅広く利用可能で、空きポートへのホコリの侵入も防止できます。
USBポートガード

パソコンのUSBポートをふさぐことで不正なUSB接続を防止し、マイナンバーなどの重要情報の漏えいを予防するUSBポートガードです。本体のスライドを押すことでストッパーがUSBポートに入り込み、物理的にUSBポートをふさぐことができます。本体キャップにある突起部をストッパーに差し込むことで取り外しが可能です。

マイナンバーセキュリティ対策:覗き見防止フィルター

今までにない薄さを実現した、のぞき見防止フィルターでセキュリティー対策。

個人情報満載の画面を晒すなんてとんでもない!
マイナンバーを表示している画面を覗き見から守ります。
左右約30°より外の画面からは画面が真っ黒に見えるので、お使いの画面をしっかりガード!

たった“0.3mm”と
薄くて明るい
厚さ「0.3mm」と今までにない薄さを実現し、薄型ノートPCでもフィルターがキーボードに干渉しないうえ、高精細ディスプレイでもにじみにくく、明るく見やすい画面を実現しました。
目に優しく見やすい明るさ
「反射率5.5%」で照明や外光の表面反射を軽減し、「透過率69%」で目にやさしく見やすい明るさを実現。また、「UVカット率99.9%」「ブルーライトカット率約42%」と高機能を備えています。
柔らか素材
曲がっても破損する恐れが少ない、柔らかい素材を採用しているので、フィルターが割れる心配がありません。また、反射面とマット面を用途やお好みに合わせて使い分けが可能です。

マイナンバーセキュリティ対策:タブレット収納ワゴン

最大20台のタブレットを充電しながらまとめて保管が可能なタブレット収納ワゴンでセキュリティー対策。

最大20台のタブレットを充電しながらまとめて収納・保管可能!前面・背面の両方の扉に鍵がかかるので、安心して保管ができます。
操作性のよいハンドルと安定感のある大型キャスターで移動も楽々です。
安全性を考慮して、筐体の角は全て丸みを帯びたデザインを採用しています。

マイナンバーセキュリティ対策:共有プリンタでは印刷できない機密書類などの印刷も出来る Wi-Fi対応モノクロレーザープリンター

設置場所を選ばない国内最小サイズのレーザープリンターでセキュリティー対策

マイナンバーや個人情報など機密書類を共有プリンターで印刷すると紛失や他部署の印刷物へ紛れ込むリスクがあります。
デスクの横におけるコンパクトサイズで、プライベートプリンターとして大活躍します。

コンパクトサイズ
幅337mm×奥行220mm×高さ178mmと国内最小コンパクトサイズのモノクロレーザープリンターです。(※Wi-Fi搭載のA4レーザープリンタの大きさにおいて。2014年8月31日現在。当社調べ。)コンパクトサイズなのでカウンターや受付窓口などの狭いスペースにも設置可能です。
Wi-Fi対応 新世代モデル
Wi-Fiを標準搭載しており、スマートフォンやタブレットからそのままワイヤレスで印刷可能です。iOSのAirprintに対応しています。Android用には専用アプリ「ELEPRINT」(Google apps)を用意しています。
A4サイズで22枚/分の
高速印刷
1分間にA4サイズ22枚(片面)が印刷可能な高速印刷を実現しています。ハイスペックなCPU(600MHz)、メモリー(128MB)を搭載し、ストレスのない高速処理を実現します。

マイナンバーセキュリティ対策:個人情報ファイルをセキュアに保管する SUREAX(シュアックス)

エクセル等に保管された 個人情報をしっかり守る!

アクセス制御はユーザIDとパスワードだけではなく、企業IDも使うことでよりセキュアになります。
その上、問題発生時もアクセス記録があれば、安心です。

企業ID+ユーザーID+パスワードによるログイン/アクセスログはいつでも出力できる 企業ID+ユーザーID+パスワードによるログイン/アクセスログはいつでも出力できる

企業IDにより正アクセス防止
ログインするには、ユーザーIDとパスワードだけでなく、企業IDも必要です。これらが一致しないとログインできませんので、不正ログインをシャットアウトします。クラウド上に貴社特定スペースを割当てて、企業IDにより管理しています。

アクセスログで追跡可能
万一の事態でも、どのユーザーIDが/いつ/どのファイルに/どんな操作をしたかが記録された操作ログをダウンロードできます。
日常の確認業務でも、万一の追跡にもお使いいただけます。
貴社だけの管理ができるから安心
クラウドにある貴社専用スペースに、管理者がユーザーを作成して、ポリシーに合わせてアクセス権を設定します。社員の異動や退職時も、管理者がアクセス設定を行うことができます。
個人が使用するファイル共有サービスのように、どんな情報が保管されているか不明で、退職時等にセキュリティ確保できなくなることがありません。

>監視カメラで不正な進入を監視し、マイナンバーを守る!

監視カメラで不正な進入を監視し、マイナンバーを守る!

サーバールームや、マイナンバーを取り扱う部署への入退出を録画することで不正な進入や不正な操作をチェックすることができます。また、ナイトビジョンモードと動体検知により夜間の侵入者を検知してメールで管理者にお知らせすることも可能です。

夜間の不正侵入者を検知しマイナンバー制度を運用する機器を漏洩から守る! 夜間の不正侵入者を検知しマイナンバー制度を運用する機器を漏洩から守る!

離れた場所や外出先からでも簡単ウォッチ
PCやスマホから簡単に映像を確認することができます。専用の機器や工事が不要で低コストで導入可能です。

面倒な、設定がとても簡単!
P2P接続なので設定が簡単。ルーターに特別な設定をせずにご利用いただけます。
また、外出先のネットワーク回線が細い場合でもリレーサーバを経由することにより、滑らかな映像をお楽しみいただけます。
 
暗い場所でも撮影できる
カメラのレンズ周囲に赤外線LEDを配置。暗くなると自動的に赤外線を利用したナイトビジョンモードに切り替わります。
夜間や暗い場所でも被写体をクリアに撮影することができますので万一夜間に侵入者があっても鮮明な画像を録画できます。

動体検知機能に連動させ侵入者を検知!
動体検知設定をすることにより、不審者や異常のあったことを検知して写真付きのメールでお知らせします。
また、スピーカーとマイクがカメラ本体に内蔵されているため、侵入者を検知した場合に映像を見ている本人の声で威嚇することもできます。
設置場所の環境に合わせて選べる接続方法
有線LAN環境へ有線接続するモデル、無線LAN環境で無線接続するモデル、ドコモのLTE接続で電源さえあれば設置できるモデルをご用意しました。

システムログまたは、利用実績を記録する「ログ管理」ならNAS(ネットワーク・アタッチド・ストレージ)

マイナンバーの安全管理措置には
「ログ管理」が必須!!

企業がマイナンバー対応で取り組むべき内容を記した資料「特定個人情報の適正な取り扱いに関するガイドライン(事業者編)」。この中の「組織的安全管理措置」にシステムログ又は利用実績を記録する。」という規定があります。

アクセスログの有効化と設定

「システム管理」メニュー内の「ユーザーアクセスログ」アイコンから、「有効」「SMB」にチェックをつけるだけで有効化は完了です。「システム管理」メニュー内の「システムログ」アイコンをクリックします。「表示」のプルダウンメニューから「Samba」を選択し、設定完了です。
「システム管理」メニュー内の「システムログ」アイコンをクリックします。「表示」のプルダウンメニューから「Samba」を選択し、設定完了です。

  • ・ログは初期状態では10,000件まで保管されます。
    レコードが10,000件以上になると、1件目から10,000件目までのレコードは削除されます。
    保管数は30,000件、50,000件に変更可能です。
  • ・全ての共有フォルダーのアクセスログが残ります。
    アクセス権設定の無い共有フォルダー(パブリック=Yes)のログも残ります。
    しかしこの場合、PC名・IPアドレスは記録されますが、ユーザー名は全て「nobody」となります。
  • ・ファイル名に①②③、ⅠⅡⅢなど特殊文字が含まれていても、アクセスログを記録可能です。
アクセスログの有効化と設定
日付時刻 ファイルアクセスが起きた日時
コンピューター アクセス元のコンピューター名
ユーザー アクセスしているユーザーID
IP アクセス元のIPアドレス
アクション 操作内容(※)
タイプ ファイルorフォルダー
イベント 対象ファイル(フォルダー)名
ファイルサイズ 操作されたファイルの容量
表示したログはCSVで出力可能です。
※アクション詳細 ・フォルダーに対するアクション 開く、作成、削除、名前の変更。 ・ファイルに対するアクション 読み込み、書き込み、削除、名前の変更。ファイルの作成は「書き込み」と表示されます。
アクセスログの有効化と設定

「レコード数」を選択し、「自動エクスポート」を選択して「適用」アイコンをクリックすると、指定した件数に達した際に、「ユーザーアクセスログ」画面で選択した共有フォルダーにcsvファイルが保管され、保管したログは画面上から削除されます。レコード数は「10000」「30000」「50000」が指定可能です。

レプリケーション機能搭載

共有フォルダー内に保管されたファイルはExcel等で確認可能です。

試したい製品はありませんか?法人ユーザー様限定 サンプル&検証機レンタルサービス

  • スペック上ではわからない使い心地はどうなんだろう?
  • 今利用しているシステム(ハード・ソフト)との相性が心配な方は、ぜひお問い合わせください。

※レンタル非対象商品もございます。対象商品については、お問い合わせをお願い致します。