2ベイWSIoT2019forStorage搭載NAS2TB

NSB-7MS2DW9シリーズNSB-7MS2T2DW9

Windows Server IoT 2019 for Storage Workgroup Edition搭載の、2ベイデスクトップ型NASです。Active Directoryにも非常に親和性が高く、Windows環境での使用に最適です。1TBのHDDを2台搭載しRAID1(ミラー)に対応しています。Azureでのハイブリッドサービス活用で、「データ保全」と「柔軟なシステム移行」を提供。また、「Windows Admin Center」や「システムインサイト」で管理業務を軽減し、「NTFS重複除去(※Standard Edition搭載モデルのみ)」で効率的なデータ保管を実現します。

  • EU Rohs指令準拠製品
  • グリーン購入法適合製品

ラインアップ

型番/JANCD 特長 標準価格 備考
NSB-7MS2T2DW9 4549550150231
2TB(1TBx2台) ¥117,900(税抜)
¥129,690(税込)
発売中
NSB-7MS4T2DW9 4549550150255
4TB(2TBx2台) ¥145,000(税抜)
¥159,500(税込)
発売中
NSB-7MS6T2DW9 4549550150293
6TB(3TBx2台) ¥175,000(税抜)
¥192,500(税込)
発売中
NSB-7MS8T2DW9 4549550150286
8TB(4TBx2台) ¥190,000(税抜)
¥209,000(税込)
発売中
NSB-7MS12T2DW9 4549550150217
12TB(6TBx2台) ¥270,000(税抜)
¥297,000(税込)
発売中

    製品の特長

    オンプレミスNAS利用+Azure連携でクラウド ハイブリット使用を実現する
    Windows Server IoT 2019 for Storage

    Windows Server IoT 2019 for Storageは、Azureが提供するハイブリッドサービスを活用し、ユーザーに「データ保全」と「柔軟なシステム移行」を提供。 また、管理業務を軽減する「Windows Admin Center」や「システムインサイト」、効率的なデータ保管を実現する「NTFS重複除去」にも対応します。

    • ※1. 同機能利用にあたり、Azure Syncに対応したAzure Storage契約が別途必要となります。また、Windows NASへのAzure Syncの事前インストール(無償)をお願いします。
    • ※2. 同機能は、Windows Admin Centerをインストール(無償)して利用します。
    • ※3. NTFS重複除去は、Standard Edition搭載モデルのみ対応です。

    オンプレミスとクラウドの対象ファイルを自動的に同期 Azure File Sync連携

    「Azure File Sync」を利用し、WindowsNAS上のファイルをAzureと同期可能。 社内WindowsNASならびにAzure内の同期対象ファイルが更新されると、自動的に内容が反映されます。

    ※ファイル共有機能を有したAzure Storageアカウント契約が必要となります。

    現行サーバーのファイル データ移行がより簡単に Storage Migration Service対応

    「Storage Migration Service」を利用することにより、現行サーバーのファイルデータをGUI画面より移行可能。 ACL引継ぎの他、サーバー名/IPドレス切り替えが可能な為、ユーザーや利用アプリケーションに影響を与えることのないシームレスなデータ移行が可能です。

    従来のWindowsサーバーから、新しいWindows NASへのストレージ移行イメージ

    WEBブラウザーで操作可能な様々な機能や障害予測 Windows Admin Center 管理機能 / システムインサイト

    Windows Admin Center 主な管理機能

    Windows Admin CenterはWebベースの管理ツールで、稼働OSに対応したサーバーもしくはPCにWindows Admin Centerをインストールします。

    NASの再起動/シャットダウン

    NAS稼働情報取得

    リソースのグラフ表示

    CPU/メモリ/イーサネット

    Windows Admin Center 稼働環境 (2020/2月現在)
    対応ブラウザ
    • Edge
    • Chrome

    ※「IE」は非対応。

    稼働環境
    • Windows Server IoT 2019 for Storage
    • Windows Server2019
    • Windows Server2016
    • Windows10 (Ver.1709以降)
    管理対象
    • Windows Server IoT 2019 for Storage
    • Windows Server2019
    • Windows Server2016
    • Windows Serverr2012R2 ※1
    • Windows Server2008R2 ※1 ※2
    • Windows10 (Ver.1709以降)
    • ※1. WindowsServer2012R2/2008R2をWindows Admin Centerで管理する場合、Windows Management Framework バージョン5.1以上である必要があります。
    • ※2. Windows2008R2は管理機能制限があります。

    システムインサイト機能

    CPU使用率やストレージ消費量予測等に基づく障害予測分析情報の取得が可能です。システムインサイト機能は、Windows Admin Centerをインストール(無償)して利用します。

    データ保存容量がアップ NTFS 重複除去機能 (Standard Edition搭載モデルのみ)

    Windows Server IoT 2019 for Storage Standard Editionでは、マルチスレッド処理と大容量サポートによるNTFS 重複除去機能により、重複データが削除されデータ保存容量がアップします。 これによりパフォーマンスの向上が見込めます。

    重複除去イメージ

    【重複除去の主な効果】
    • 似たようなファイルが大量にある場合
    • 同じようなVMゲストが複数走っている場合
    • 日次のバックアップが溜め込まれている場合

    マルチスレッド処理

    大容量サポート

    • 大容量ボリュームのサポート
      10TBから最大64TBまでアップ
    • 大きなファイルサイズのサポート
      最大1TBまで可能に

    OS移行やリモート業務の課題を解決 「Mover」・「Passage」とWindows NASで実現 安全なデータ移行や快適なテレワーク環境の構築

    OS移行で想定される業務課題

    MoverをインストールしたPCから簡単操作でデータをWindows NASにアップロード、移行先へダウンロードします。

    ※NASとPCがAD(Active Directory)環境に参加している必要があります。

    テレワークで想定される業務課題

    Passageを導入したクライアントPCへデータの書き込みをせず、Windows NASの共有フォルダにリダイレクトすることでPCはデータレスになり、セキュリティーを高めPCのパフォーマンス向上につながります。

    ※NASとPCがAD(Active Directory)環境に参加している必要があります。

    Moverとは?

    横河レンタ・リースが提供するMoverは、WindowsPCのデータをファイルサーバー上にアップロード/ダウンロードするツールです。 Passageを使用したデータレスPC™環境への移行を容易にします。 また、通常のWindowsデータ移行にも使用することもできます。

    Passageとは?

    横河レンタ・リースが提供するPassageは、ユーザープロファイルのデータをクライアントPCのHDDからサーバーのストレージにリダイレクトすることで、データレスPC™を実現するソリューションです。 ユーザープロファイルのデータをサーバーへリダイレクトすることによって、セキュリティーを高めPCの運用負荷を軽減させる効果を提供します。

    ※ 「C:¥Users¥%USERNAME%」配下のマイドキュメントやデスクトップなどに保存されたデータがリダイレクト対象です。

    ※Windows データ移行ツール「Mover」は無料のソフトウエアのため、お問い合わせやサポートなどは提供しておりません。

    ※「Passage」は横河レンタ・リース株式会社のソフトウェアです。使用方法などのお問い合わせへの対応は当社では対応いたしかねますのでご了承ください。

    ※「データレスPC」は横河レンタ・リース株式会社の登録商標です。

    中規模オフィスに最適 Windows Server IoT 2019 for Storage
    Workgroup Edition搭載

    Windows Server対応のアプリケーション

    本製品はMicrosoft社製最新のサーバーOS、「Windows® Server IoT 2019 for Storage」を搭載しています。

    Workgroup Edition搭載 同時接続50台・大容量データアクセスを実現する高性能モデル

    50台のパソコンから同時アクセス可能。想定利用人数は、50人規模で、小規模のオフィスや部門オフィスに適した仕様です。 登録可能なユーザ数は50です(システム制限値)。 ※クライアントライセンスは不要ですが、本製品はWorkgroup Editionのため、50人以下でご利用ください。

    Windowsクライアントとの高い親和性。Active Directoryにネイティブ対応。

    Windowsのネットワーク環境との親和性が非常に高く、Windowsクライアントと変わらぬ操作性を実現します。 ActiveDirectoryにネイティブ対応しているので、Windowsユーザーの一元管理対応、管理者負荷軽減が可能です。

    対応アプリケーションのインストールが可能

    各社のWindows Server対応のアプリケーションのインストールが可能です。 ウイルス対策ソフトやバックアップソフト、UPS管理ソフトなどをはじめ、ストレージ管理に必要なアプリケーションをインストールしてご利用いただくことが可能です。

    利用シーンに応じて選択可能RAID 1/0 対応

    RAID 機能を搭載し、「RAID 0」、「RAID 1」の2種類を設定可能です。

    RAID1モードは複数のHDDに同時に同じデータを書き込みます。 これにより、HDDが1本故障時にデータを守ることができます。
    RAID0モードは、データ読み書きの高速性を重視しています。ご利用に合わせてモードを選べます。

    Active Directory対応 大規模アクセスも安心・安全に管理可能安全便利なユーザー/アクセス/データ管理

    Active Directoryに対応し、大規模なユーザー・グループアクセス管理が可能です。

    本製品にはWindows Server OSが搭載されていますので、ネイティブにActiveDirectoryへの参加が可能です。 ActiveDirectory対応によって、ユーザーの管理はサーバーが一元管理を行うため本製品で個々に設定を行う必要がありません。

    ActiveDirectoryが一元管理

    ※本製品はドメインコントローラとして使用する事はできません。

    iSCSIターゲット対応。NAS + iSCSIを同時使用。

    iSCSIによりネットワーク接続された本製品をローカルHDと同じように扱え、OS標準の機能やアプリケーションがそのまま使えます。 ファイルサーバーへの増設、サーバーのバックアップなども可能です。ネットワーク接続のため使用するパソコンやサーバーのそばに置く必要がありません。

    スケジュールパワーオン/オフ

    選べる3つの管理方法

    キーボード・マウス・モニタを直接接続した「コンソール管理」と、コンソール管理と同じ操作ををネットワーク経由で行う「リモートデスクトップ管理」。 そして、簡易的にブラウザを経由した操作を行う「WebUI」の3つの管理インターフェースを装備。現場と情報システム部門など、操作内容で分けた管理操作も可能です。

    共有フォルダーを非表示にできる

    エクスプローラーでNASを開いた際に、共有フォルダーの一覧に表示させないようにすることができるため、一般ユーザーからのアクセスを防げます。

    サブフォルダーへのアクセス権限設定

    共有フォルダーのアクセス権設定に際して、共有フォルダー以下のサブフォルダーにも別途アクセス権を設定することができます。 (階層の制限はありません)

    ハードウェア暗号化

    専用のハードウェア暗号化エンジンが搭載されており、ファイルやフォルダは、性能を劣化させることなく、重要なデータを安全に保管しておくことができます。
    万が一、NASや内蔵HDDが盗難にあっても、データを読み出すことはできません。 ※暗号化ディスクでは、共有フォルダのシャドウコピー、Windows Server Backup、NASツールの「データフォルダバックアップ」をご利用になれません。

    レプリケーション機能・バックアップ・システム復旧機能・UPS対応など万が一の備えも万全!高い信頼性を提供。

    ActiveDirectory環境下で利用可能なレプリケーション機能(DFS-R)で別のNAS にデータを複製できるほか、クラウド連携機能でクラウド上にデータを保存できるなど、NAS 内のデータを常に同期・バックアップできますので、万が一のときにもデータの消失を最小限に押さえる事ができるため安心です。

    レプリケーション・フェイルオーバー対応(DFS-R)

    Windows Server の機能であるDFS ※ を利用することで、2台以上のNAS を利用してデータのレプリケーションとフェイルオーバーが実現できます。 DFS-R(レプリケーション)を利用すれば、遠隔地に設置されたNAS であってもデータが自動的に同期されるので万が一のときにも、データを保護することができます。

    データへのアクセスは、名前空間サーバ(DFS-R)が提供する仮想フォルダを経由するため、いずれかのNAS に障害が発生しても切り替え作業は不要です。 自動的に他方のNAS へリダイレクトされ(フェイルオーバー)継続使用が可能です。

    ※Active Directory 環境で「名前空間サーバー」となるWindows Server が必要です。
    ※ DFS を利用するにはActive Directory 環境が必要です。

    レプリケーション機能搭載

    ① ユーザーは「名前空間サーバー」の仮想フォルダへアクセスします。
    ② 「名前空間サーバー」からNAS「A」またはNAS「B」いずれかにリダイレクトします。どちらかのNAS に障害が発生した場合は自動的に他方へリダイレクトし、障害を回避します。
    ③ 定期的にファイルを複製し、どちらかのNAS に障害が発生した場合、他方のNAS にリダイレクトアクセスされるため、障害時でも最新のデータを確認することが可能です。

    保存データを残してリカバリが可能

    保存データを残してリカバリが可能

    システム部分に万が一トラブルが発生した場合でも、データエリアをそのままにシステム部分のみを出荷時状態に戻す機能を搭載しています。 一番アクセスの多いシステム部分がトラブルに見舞われた場合でも保存されたデータを保持したまま、システムのみを出荷時状態にもどせます。 また、システムのみを復旧する際にはあらかじめHDDの状態を確認し、すべてのHDDがヘルシーな状態の場合のみ出荷時状態に戻す安心設計になっています。

    S.M.A.R.T.機能

    S.M.A.R.T.機能S.M.A.R.T.はハードディスクの状況を自己診断するための機能です。 累積稼働時間やハードディスクの現在の温度、今までに発生したエラー情報などが表示されるため、ハードディスクの寿命を予測する目安になります。

    UPS対応。故障時の復旧や、複数導入時に

    UPSを通信用のUSBケーブル/シリアルケーブルで接続することで、停電発生時にはUPSからの異常通知により安全にシャットダウンし、予期せぬ停電による障害から本製品を守ります。

    UPS対応

    世代管理可能なバックアップによるデータの復元が可能

    Windows Server Backupを利用し、USB HDDまたはNAS内部にバックアップを行なうことで世代管理が可能です。 世代管理を行なうことで、例えば重要なファイルを誤って削除してしまった場合などに、それ以前の状態に戻すことが可能です。

    クラウドも、ローカルバックアップも併用可能なアプリケーション 大切なデータを安全にバックアップ「NetStor Backup」

    RAID機能があるNASにはバックアップが必要ないと考えていませんか?
    突然の災害や予期せぬ故障が発生した場合は、RAID機能だけではデータを復元できない場合も想定されます。 エレコムのNASなら標準添付のバックアップアプリ「NetStor Backup」で安全にバックアップを取ることが可能です。

    BCP対策にバックアップ先をクラウドサービスへ

    エレコムのNASとクラウドを連携してバックアップすることができる「NetStor Backup」。
    NAS本体が故障したり、突然の災害が発生しても、遠隔地であるクラウドサービスへデータをバックアップすることで早期に復旧することができます。

    ローカルバックアップとの併用でさらに安心

    クラウドサービスへのバックアップも高い安全性の反面、インターネットを利用するため、復旧に少し時間がかかる場合があります。 そのような課題を解決するのが、ローカルバックアップとの併用です。 バックアップ用のNASを手元に用意することでメイン機が故障してもバックアップ機と入れ替え、すぐに業務を再開することができます。

    運用管理に最適オフィス・サーバー利用を想定した機能装備

    常時監視しなくても、メールで情報を取得可能

    指定したメールアドレスへ「イベント発生時」「定期的」に管理画面で設定したアドレスにメールで通知を行ないます。
    これにより、常時監視をしなくても必要に応じて情報を取得することができます。
    また、通知メールのタイトルやヘッダをカスタマイズ可能。複数台のNASを導入した場合での管理も容易になります。

    • ディスク残容量通知
    • 不正電源断発生の通知
    • RAID 異常のお知らせ
    • UPS 電源異常のお知らせ
    • Windowsシステムエラーの通知
    • バックアップ開始・完了・エラーの通知
    • 暗号化ロック・アンロックエラー通知
    • 定期通知メール

    日本語液晶画面搭載

    IPアドレスやホスト名からエラー表示まで、前面の液晶パネルがステータスを表示します。 更に日本語液晶パネルを採用していますので、より分かりやすくなりました。

    盗難防止セキュリティスロット搭載

    本製品の背面に搭載しているセキュリティースロットを搭載しており、別売の防犯グッズを取り付けて、ラックなどに固定することで機器の盗難を未然に防ぎます。

    前面防塵フィルタ搭載

    本製品は、長期運用の大敵となる本体内への埃の侵入を防ぐために全面冷却孔に防塵フィルタを搭載しています。

    静音性が向上しました

    メイン冷却ファンに大口径タイプを採用し、以前のモデルと比較して大きく静音性を向上しました。
    24時間稼働を前提とし、冷却性能を維持しつつ、騒音の発生を抑えています。

    高信頼HDDを採用NAS専用HDD搭載

    NAS専用の高信頼HDDを採用。 更に国内工場でスクリーニング試験を実施。 企業用途での安心を提供します。

    MADE IN JAPANの信頼性自社グループ工場での国内生産

    本製品はエレコムグループのロジテックINAソリューションズ株式会社の伊那工場(長野県)ですべて生産をしています。
    また、安定感や耐久性が求められるNAS製品に対する、さまざまな検査や試験を、自社および協力施設にて実施しています。 一連の作業を一貫して国内でおこなうことで、信頼のおける、品質の高い製品をお届けできるように心がけています。

    業界No.1とことん安心サポート

    1. ホームページ

    エレサポ よくあるお問い合わせ、対応情報、マニュアルなどをインターネットでご案内しております。

    2. サポートダイヤル

    技術・相談料は不要です。全国共通(ナビダイヤル)の電話料金のみでご利用いただけるサービスです。 お客様の悩みにトコトン対応いたします!

    無駄な経費発生を防ぐ安心の3年保証

    長期にわたって、SOHOや企業ユースでも安心してご利用いただけるよう標準でセンドバック修理による保証を3年間添付しています。

    ※3年保証は、お客様がご購入された製品の機能に関するものであり、ハードディスクに記憶されているデータの消失または破損について保証するものではありません。

    いろいろ選べるオプション保守サービス

    標準のセンドバック修理以外にも、オプションで様々な保守メニューを用意しています。

    オンサイト保守 >
    デリバリー保守 >
    センドバック延長保守 >

    最長7年までの保守パックをご用意していますので、長期間安心してご利用いただけます。

    いつでもどこでもNASの稼動状態を確認クラウド型のNAS状態管理サービス「NASみる」

    NASみるとは?

    無償で利用可能な、NAS状態管理サービス

    エレコム製NAS製品“NSBシリーズ”をご利用いただくにあたり、無償で利用できるクラウド型NAS管理サービスです。 Webブラウザでの運用が可能で、OS環境を選ばず、インターネット経由でシステム管理者のPCで一元管理できるので、NAS製品の運用管理の負担を軽減することができます。

    ※音声がでますので、音量にご注意ください。

    NAS状態管理サービス「NASみる」でNASの運用負荷軽減

    クラウド型のNAS状態管理サービス「NASみる」。 クラウド型なのでインターネットがあればいつでもどこでもNASの稼動状態を確認できます。 機器障害の事前予防や障害時の復旧をサポートします。 また、メール通知機能で管理者が設定した様々なトリガー発生時にメールが自動送信されますので、別の業務をしていても障害に気づけます。 「NASみる」に対応したエレコム製NASなら無償で利用できます。

    製品仕様

    2ベイWSIoT2019forStorage搭載NAS2TB(NSB-7MS2T2DW9)
    NSB-7MS2T2DW9

    Windows Server IoT 2019 for Storage Workgroup Edition搭載の、2ベイデスクトップ型NASです。Active Directoryにも非常に親和性が高く、Windows環境での使用に最適です。1TBのHDDを2台搭載しRAID1(ミラー)に対応しています。Azureでのハイブリッドサービス活用で、「データ保全」と「柔軟なシステム移行」を提供。また、「Windows Admin Center」や「システムインサイト」で管理業務を軽減し、「NTFS重複除去(※Standard Edition搭載モデルのみ)」で効率的なデータ保管を実現します。

    対応機種(本体) Windowsパソコン、Mac ※対応LANインターフェイスを搭載した機種
    対応OS(本体)|[Windows] Windows10、8.1、7、Windows Server 2019、2016、2012(R2)、Windows Storage Server 2016、2012(R2)
    対応OS(本体)|[mac] macOS Mojave 10.14、macOS High Sierra 10.13、 macOS Sierra 10.12
    対応OS(管理ソフト)|[Windows] 【HostExplorer】 Windows10、8.1、7、Windows Server 2019、2016、2012(R2)、Windows Storage Server 2016、2012(R2)
    対応OS(管理ソフト)|[mac] -
    NAS本体管理方法 リモートデスクトップ、コンソール管理、ブラウザ管理(IE11以降、Chrome)
    CPU VIA nano QuadCore 2.0GHz
    メモリ 4GB
    LANインターフェース 1000BASE-T、100BASE-TX
    LAN端子数 1G(2)
    LAN端子形状 RJ45
    対応プロトコル TCP/IP
    IPアドレス 自動取得(DHCP クライアント接続)、手動接続
    ファイル転送プロトコル SMB(1.0/2.0/2.1/3.0/3.0.2/3.1.1)、NFS(v2/v3/v4)、FTP、HTTP、HTTPS、iSCSI、WebDAV
    最大登録可能ユーザー数 50ユーザー
    最大登録可能グループ数 無制限(理論値)
    USBインターフェース USB3.0×2、USB2.0×2
    UPS対応 対応
    ボタン 電源ボタン、ミュートボタン
    HDDインターフェース SATA 3Gb/s
    HDドライブ構成 NAS専用HDD(1TB)×2台
    対応RAIDレベル RAID0/1対応 (工場出荷時…システム領域、データ領域共RAID1)
    実効容量(工場出荷時RAIDの場合) 約1TB
    ホットスワップ 対応
    ホットスペア 非対応
    ディスクローミング 非対応
    ディスク暗号化 対応
    バックアップ方法 レプリケーション(DFS-R)、NetStorBackup、WindowsServerBackup、データフォルダバックアップツール、ボリュームシャドウコピー、robocopy
    クラウドバックアップ連携 Box / AmazonS3 / Microsoft Azure
    その他サポート機能 S.M.A.R.T.機能、Azure File Sync、Storage Migration Service、システムインサイト機能、NTFS 重複除去機能(※Standard Edition搭載モデルのみ)
    冷却ファン システムファン×1、電源ファン×1
    電源タイプ 内蔵電源
    入力電圧 AC100V±10% 50/60Hz
    最大出力 230W
    消費電力 25.7W
    外形寸法(幅×奥行き×高さ) 195×264×165mm
    質量 約5.3kg
    動作環境 温度:0~40℃、湿度:5~85%R.H.(結露なきこと)
    法令、規格等 EU RoHS指令準拠(10物質)、VCCI(ClassA)
    グリーン購入法基準 適合
    エネルギー消費効率 N区分
    管理サービス ・NASみる対応(クラウド型NAS状態管理サービス)
    付属ソフト <インストール済>・NASツール(管理ツール)・Backupツール[NetStorBackup][Windows Serverバックアップ]  <ダウンロード提供>・管理ソフト[HostExplorer]・クラウドバックアップリストアツール(クライアントPC用)[NetStor Restore]
    付属品 専用ACケーブル(3ピン:約1.8m)1本、LANケーブル1本(CATE6:2m)、ACケーブル固定バンド1本、フロントドアキー2個、リカバリーディスク(DVDメディア)1枚、セットアップガイド1枚
    保守サービス|オンサイト 【複数年契約標準パック】1~7年(EBS-LN-HPシリーズ) 【HDD返却不要パック】1~7年(EBS-LN-HNシリーズ) 【延長年契約パック(標準・HDD返却不要パック共用)】2年目以降~7年目、1年延長(EBS-LN-HPシリーズ)
    保守サービス|デリバリー 【複数年契約パック】1~7年(EBS-LN-DSシリーズ) 【延長年契約パック】1年延長(EBS-LN-DS-11)/ 6年目~7年目、1年延長(EBS-LN-DS-E1)
    保守サービス|センドバック延長 【センドバック延長保守サービスパック】2年延長(EBS-LN-SS-02)
    設置設定サービス 【出張設置サービス】基本設定(ESB-NAS-SS-100) 【オプション】クライアントPCの設定(ESB-NAS-SS-101)/NAS機器説明(ESB-NAS-SS-102)/NASシャドーコピー設定(ESB-NAS-SS-103)/クライアントシャドーコピー設定(ESB-NAS-SS-104)/PS設定(ESB-NAS-SS-105)
    専用オプション品|専用スペアドライブ NSB-7SD1T4C
    専用オプション品|SFP+モジュール -
    専用オプション品|LANボード -
    専用オプション品|メモリ -
    専用オプション品|その他 -
    保証期間 3年

    ※この製品の最新の対応情報はこちらです。

    ※ 仕様は予告なく変更する事がありますので、あらかじめご了承ください。

    各部名称

    各部名称

    • (1) HDステータスランプ(1~2)
    • (2) 電源ボタンホール
    • (3) 液晶ディスプレイ
    • (4) フロントドア
    • (5) フロントドアロック
    • (6) 電源ランプ
    • (7) LANステータスランプ
    • (8) HDDステータスランプ
    • (9) HDDユニット固定ネジ
    • (10) 電源ボタン
    • (11) Funcスイッチ
    • (12) Muteスイッチ
    • (13) HDDユニット
    • (14) 冷却ファンユニット固定ネジ
    • (15) COMポート
    • (16) VGAポート
    • (17) 盗難防止機構
    • (18) 電源ユニット
    • (19) ACケーブル固定バンド取付穴
    • (20) LAN2ポート
    • (21) LAN1ポート
    • (22) USB2.0ポート
    • (23) USB3.0ポート

    富士通PCサーバにおける動作検証

    富士通製品

    • PRIMERGY TX1320 M4
      OS: Windows Server 2016 / Windows Server 2019

    ELECOM製品

    NAS
    • NetStor NSB-7MS2T2DS9
      OS: Windows Server IoT2019 for Storage
    • NetStor NSB-75S4T4DS9
      OS: Windows Server IoT2019 for Storage
    スイッチングハブ

    富士通PCサーバ「PRIMERGY TX1320 M4」における「NetStor NSB-7MS/NSB-75S」シリーズ動作検証報告