デジタルサイネージとは?基礎をご紹介

  • ソリューション記事
  • デジタルサイネージ
概要
デジタルサイネージ。
名前を耳にしたことのある方も多いのではないでしょうか?
実は多くの場所で目にしているデジタルサイネージ。
今回は、デジタルサイネージとは何かやその基礎についてご説明します。

デジタルサイネージとは

デジタルサイネージとは、簡単に言うと電子看板のことです。
街中や駅などで、画像がスライドしたり動画が流れたりする液晶ディスプレイやLEDの看板を見かけたことはないでしょうか?

そういった、電子機器を使って映像を表示する装置のことを「デジタルサイネージ」と呼びます。

デジタルサイネージの仕組み

img

デジタルサイネージの仕組みとしては、スタンドアローン型とネットワーク配信型の2つに分かれます。

  • スタンドアローン型のデジタルサイネージ

    デジタルサイネージに外部接続もしくは内蔵されているメディアプレイヤーでUSBメモリやSDカードなどの記録媒体内のコンテンツを再生するのが、スタンドアローン型のデジタルサイネージです。

  • ネットワーク配信型のデジタルサイネージ

    インターネット経由でコンテンツを受信し、再生するのがネットワーク配信型のデジタルサイネージです。
    1店舗や1箇所で運用する際は、小回りの利くスタンドアローン型のデジタルサイネージの利用が適しています。
    逆に、複数店舗など多くの場所で使用する場合には、ネットワーク配信型が適しています。
    複数の場所で、同時にコンテンツの内容を変更することが可能です。

このように、使用するケースによって、適しているデジタルサイネージのタイプは異なるのです。

活用するメリットとは

デジタルサイネージの活用メリットとしては、以下のようなものがあります。

  • より多くの情報を伝えることができる

    デジタルサイネージでは、動画の表示や複数の画像の切り替え表示をすることができます。
    そのため、閲覧した人により多くの情報を伝えることが可能になります。
    配信することのできる情報量が多いことから、より多くのことを伝えることができるのです。

  • コンテンツの出し分けが容易

    スタンドアローン型では、USBなどメディアの差し替え。
    ネットワーク配信型では、配信の設定。
    などをすることで、時間帯や日別・天候などでコンテンツを出し分けることが容易にできます。

    ネットワーク配信型であれば、駅など、デジタルサイネージが複数設置されている場所でもすべてのデジタルサイネージのコンテンツを一括で変更することもできます。

デジタルサイネージの活用事例

デジタルサイネージは、現在、駅などの公共施設やモールなどの商業施設、小売りの店舗など多くの場所で活用されています。

  • 交通機関やモールでの活用

    交通機関やモールなど多くの人通りのある場所では、広告として効果的に活用されています。
    多くの人の目につくため、記憶にも残りやすいのです。

  • 小売店での活用

    小売店の入り口の立て看板、店頭のポップ。 などで、デジタルサイネージが活用されるケースも多いです。 店外であれば、天候や時間帯に合わせた情報を通行している人々に訴求し、店頭のポップでは、店内のお客さんたちにその日のセール品や売りたい商品の訴求などの情報を伝えることができます。

    紙の看板やポップのように変更の手間もありません。 天候や状況の変化によってすぐに変更することができるのです。

  • モールなどの複合施設

    モールなどの複合施設では、広告だけでなく施設案内にデジタルサイネージが用いられることもあります。

    タッチパネル式を設置することで、来店された人々が探しているお店に行きやすくなります。
    来店された人々が自分たちから情報を探し出すことができるので、店舗・お客さん双方にとってメリットがあります。

デジタルサイネージは、このように多くの場所で活用されているのです。

お問い合わせ

ご検討の方は、ぜひお気軽に、下記WEBフォームでお問い合わせください!

※本サービスについてのお問い合わせ以外は、回答致しかねますのでご了承ください。
製品に関する技術的なお問い合せに関しましては、下記リンクからお問い合わせください。

法人のお客様向けサポート窓口
この記事をSNSで共有しませんか?