サービスのご案内、お問い合わせ・商談はこちら

サービスのご紹介お問い合わせ・商談

工事現場で

タブレットPC
「ZEROSHOCKタブレット」
が最適な理由

タブレットPC「ZEROSHOCKタブレット」が工事現場で最適な理由

タブレットPC「ZEROSHOCKタブレット」が工事現場で最適な理由

現在、国土交通省は、i-Construction(アイ・コンストラクション)という構想の中で、建設現場の生産性を向上させる方針を示しています。そのため、建設業界全体にとって、ICT(情報通信技術)の導入は避けて通ることはできません。しかし、工事現場で使うIT機器には、野外や通信条件の悪い場所での対応が求められます。
ここでは、堅牢性の高いタブレットPC「ZEROSHOCKタブレット」が、工事現場に最適な理由をご紹介します。

お問い合わせ・商談はこちら

工事現場におけるZEROSHOCKタブレットの利用シーン

ZEROSHOCKタブレットは、業務用タブレットPCとして求められる性能を備えていますが、実際の工事現場ではどのように使われているのでしょうか。
ここでは、工事現場におけるZEROSHOCKタブレットの利用シーンをご紹介します。

  1. SCENE 1

    報告業務

    報告業務

    建設業の工事現場では、工事の進捗管理や、記録写真の撮影・保存・管理、施主への報告などが非常に重要です。紙ベースの報告だと手書きの書類からPCにデータを入力したり、デジタルカメラから撮影した写真データをPCにコピーしたりする作業は、現場にとって大きな負担となります。
    そこで、ZEROSHOCKタブレット上で、Excelのアドインソフト「点検エース(ビジービー様製品)」を使って入力を行い、必要に応じてタブレット付属のカメラで撮影をし、インターネット経由で報告書の提出を行えば、負担をかなり軽減できます。

  2. SCENE 2

    資材発注

    資材発注

    現場監督は、足りない資材があった場合に追加資材などを発注します。従来であれば、資材の発注のために事務所に戻って業務を行う必要がありましたが、ZEROSHOCKタブレットで受発注用のアプリをインストールしていれば、タブレット上から発注を行うことができます。

  3. SCENE 3

    設備保全の管理

    設備保全の管理

    機器の故障のリスクを軽減できる設備保全管理は、ZEROSHOCKタブレット上で点検日や故障情報を入力して行います。これまで、設備保全の管理情報を紙に記入して、事務所に戻ってPC等でデータを入力していた場合、電子データ化することで、転記作業から解放されるメリットがあります。

  4. SCENE 4

    マニュアル・図面や作業指示書の閲覧

    マニュアル・図面や作業指示書の閲覧

    建設作業のマニュアルは膨大なので、PDF化してZEROSHOCKタブレット上で閲覧可能にすれば、事務所に戻らずに確認することが可能です。
    また、設計会社や事務所から送られてきた図面や作業指示は、ZEROSHOCKタブレット上で現場監督が確認でき、作業員の方も閲覧しながら作業を進められます。特に、急に作業内容が変更になった場合も、インターネットで新しい図面を送信できますので、伝達漏れや時間のロスなどが起きません。

業務用に特化したZEROSHOCKタブレットのハード性能

ZEROSHOCKタブレットは、製造業や物流業をはじめ、工事現場などでの使用に耐えうるタブレットPCとして開発されました。ハードの故障は、そのまま作業の停滞につながるため、絶対に避けたいリスクです。
まずは、ZEROSHOCKタブレットのハード性能が一般向けのタブレットPCに比べてどのような点が勝っているのか、ご紹介していきましょう。

  • 耐衝撃・耐振動性能

    耐衝撃・耐振動性能

    どれだけ注意していても、タブレットPCの落下やほかの機材との接触といった可能性はゼロではありません。万が一、そのようなミスや事故が起きたときに壊れてしまわないように、業務用タブレットPCには、衝撃や振動に強いことが求められます。
    ZEROSHOCKタブレットは、耐衝撃や耐振動性能を測る米国国防総省基準準拠のテスト(MIL試験)を実施していますので、屋外などの過酷な現場での運用が可能です。非動作時に「各面・辺・角の計26方向に対し120cm落下」させる自由落下試験と、「前後・左右・上下に1時間かけて振動」 を与え続ける耐振動試験をし、それぞれクリアしています。

  • 防塵・防滴性能

    防塵・防滴性能

    工事現場では、粉塵が舞いやすい環境や、水に濡れる場所があるかもしれません。そのため、業務用タブレットPCには防塵・防滴性能も必要です。ZEROSHOCKタブレットは、防塵・防滴性能の高さを測る試験を行い、「IP65」に準拠しています。
    IP65の「IP」は、電気機械器具の保護等級のIPコードを表し、続く2桁の数字はJISで定められた防塵と耐水の性能を表しています。IP65の場合、「6」は粉塵に対する密閉性があることを表し、「5」は防水面で噴流に耐性があることを表しています。これにより、ZEROSHOCKタブレットの防塵・防滴性能は、かなり高いことがわかります。

  • 耐環境性能

    耐環境性能

    工事現場は選べませんので、立地や季節によっては高温・低温など、苛酷な環境の場合もあります。このような環境では、ハードが熱暴走をしたり、起動しなかったりといったトラブルが起きないとも限りません。
    そのため、業務用タブレットPCには、耐環境性能も求められます。そこで、ZEROSHOCKタブレットは、-10~50℃の耐熱・耐寒性能を実現し、作業者が求めるニーズに対応できるよう設計されています。
    また、屋外での強い日差しの下でも作業ができるよう、視認性の高い700cd/m2の高輝度液晶パネルを搭載しています。
    ※LT-WMT10Lシリーズ、LZ-WA10/W1を除く。

  • 手袋着用時の操作性能

    手袋着用時の操作性能

    工事現場では、通常のペン操作以外にも、手袋の着用が必要だったり、濡れた手で操作しなければいけなかったりする場合もあります。
    ZEROSHOCKタブレットは、このようなケースに柔軟に対応できるよう、スタンダードな「スタイラスペンモード」に加え、雨天時の操作に適した「ハンドモード/水滴モード」、手袋での操作に適した「手袋モード」の3つを搭載しています。

  • 作業継続性能

    作業継続性能

    どれほどハードのスペックを強化しても、電子機器である以上、バッテリーが切れてしまったら動きません。
    ZEROSHOCKタブレットは、通常のバッテリーとは別にホットスワップバッテリーを内蔵し(LT-WMT10Lシリーズを除く)、タブレットPCを稼働したままでのバッテリーの交換を可能にしました。予備のバッテリーを使えば、バッテリーが原因で作業を中断する必要はありません。

  • 盗難対策性能

    盗難対策性能

    業務用のデータが入ったタブレットPCは、盗難対策も必須です。
    スリムタイプのLZ-WA10/W1には、盗難対策のセキュリティワイヤースロットを搭載しています。

業務用に便利なZEROSHOCKタブレットのオプション品

ZEROSHOCKタブレットは、ハード本体の性能以外にも、業務用に便利なオプション品をご用意しています。
続いては、業務現場での作業にぜひつけておきたい、ZEROSHOCKタブレットのオプション品をご紹介します。

  1. 1

    ショルダーストラップ

    ショルダーストラップ

    ショルダーストラップは、ZEROSHOCKタブレットの中で一番売れているオプションです。工事の現場では長時間立ったままタブレット操作を行うこともありますが、ショルダーストラップを使ってタブレットを首から掛けることで、手の疲れを軽減できます。また、万が一タブレットを落下させてしまった場合、どれほど衝撃耐性が強くても、絶対に壊れないという保証はありません。
    その点、首掛けや肩掛けができるショルダーストラップをオプションとしてZEROSHOCKタブレットにつけておけば、落下の可能性を最小限に抑えられます。

    LT-WMT10用 ショルダーストラップ

  2. 2

    ハンドストラップ

    ハンドストラップ

    入力や閲覧時にも、ちょっとしたミスからタブレットPCを落下させてしまう可能性はあるでしょう。
    ハンドストラップをつけることで、作業中に手で持つよりもZEROSHOCKタブレットを安全に使うことができます。また、ハンドストラップとショルダーストラップを併用すると、さらに便利です。
    ※LZ-WA10は、ハンドストラップを標準装備しています。

    LT-WMT10用 ハンドストラップ

  3. 3

    クレードル

    クレードル

    ZEROSHOCKタブレットは拡張性に優れているため、バーコードリーダーやプリンターなどに接続して使う場合があります。そこで、ZEROSHOCKタブレットを固定したり、ポートを増やしたりするために用いられるオプションが、クレードルと呼ばれるスタンド型の拡張機器です。
    クレードルには、机の上で使うデスクトップクレードルと、車用の車載クレードルがあります。

    LT-WMT10用 デスクトップクレードル
    LT-WMT10M&L用 車載クレードルA

業務用に特化したZEROSHOCKタブレットの運用体制

ZEROSHOCKタブレットは業務用である以上、機材を増やしたり修理・交換したりなど、安心できる運用体制が必要です。
ここでは、ZEROSHOCKタブレットが、どのような運用体制を敷いているのかをご紹介します。

  1. Windows 10 IoT Enterprise LTSB/LTSC搭載

    タブレットに限らず、運用で一番困るのはOSのアップデートです。OSがアップデートされることにより、接続している機器や使用しているソフトとの互換性が損なわれたり、アップデート作業で業務が中断させられたりしてしまうからです。
    ZEROSHOCKタブレットのWindows搭載モデルは、セキュリティ対策以外のアップデートが行われない「Windows 10 IoT Enterprise LTSB/LTSC」を採用することで、安定した運用体制を実現しています。なお、OSはリリースから最長で10年間、Microsoftよりサポートが受けられます。

    Windows 10 IoT Enterprise LTSB/LTSC搭載
  2. 長期安定供給

    業務用の機材で困るのがモデルチェンジです。モデルチェンジが行われれば、作業に使われているソフトやハードなどが正しく動くか、再検証しなければいけません。
     
    ZEROSHOCKタブレットは2023年3月(※)までの長期安定供給期限を設けておりますので、安心して導入いただけます。納期も、国内在庫からの輸送ですので、短期間での納品が可能です。万が一在庫がなくなっても、セル生産で1台から受注できる体制がございますので、期限まで廃番などの心配はありません。

    ※LT-WMT10Lの場合。LT-WMT10M、LT-WMT10H2は2021年3月まで、LZ-WA10/W1は2022年9月まで。

    長期安定供給
  3. 保守・サポート体制

    業務用である以上、長期にわたる保守が望ましいところです。
    ZEROSHOCKタブレットは最長5年間、国内の修理センターで保守サポートを行っております。保守サービスに必要なパーツは国内自社工場に確保済みですので、迅速な対応が可能です。

    保守・サポート体制

工事現場に最適なタブレットPCを選ぼう

工事現場に最適なタブレットPCを選ぼう

国土交通省が推奨する建設現場の「3つの密」回避に、Web会議を推奨しています。普通のタブレットでもWeb会議は可能ですが、ZEROSHOCKタブレットであれば、屋外の過酷な環境でも安心してWeb会議を行うことができます。なお、ZEROSHOCKタブレットには、ハイスペックなタイプや軽量なタイプ、SIM対応モデルなど、用途に合わせて複数のモデルをご用意しておりますので、利用するシーンに応じて最適な機種をお選びください。

また、エレコムでは、ZEROSHOCKタブレットや専用オプションといっしょに、ネットワーク機器からケーブル、アクセサリまでをご用意できますので、ワンストップでご提案や営業対応が可能です。

動作検証済のソフトウェアも豊富にございます。
詳しくは、以下のページでご確認ください。
https://pc.logitec.co.jp/operationcheck/

ZEROSHOCKタブレット 製品ラインナップ

タブレットの選び方のご相談も承ります。詳しくはエレコムまでお気軽にご相談ください。

Windows(Win10 IoT Enterprise 2016 LTSB/LTSC 、Win7 Pro for Embedded System)

※上記モデルは、すべて10.1インチです

Android